on the trail - えくぼポーチ

サコッシュはもう古い!プロハイカー達はミニマルな小物入れに注目、これからは小型ポーチが流行る!(かな)
on the trail - えくぼポーチ
ポケットが付いていないタイツ(スパッツ)を履く時の、iPodの収納に困っていた。小型ザックのウエストポケットは取り出しに難があるので、サコッシュを用いていたが、サコッシュは不必要に大きいので走る時に邪魔になった。

現在販売されているサコッシュはどれも大きすぎる。元が自転車用(取り出しが楽で収納力もそこそこある)という事でサイズまで踏襲しているのか、30cm×20cmといった大きな物が多い。
一眼レフ等を収納するカメラバッグが大きいのはわかる、でもデカいサコッシュの用途は私には理解できない。それらはザック外に収納しなければならない物なのか?大きすぎる事で運動性能を損なっていると感じることはないのだろうか?

地図・コンパス・スマホ・GPS、これら以外に緊急性のある装備はないような気がする。袋詰にした行動食は本当に必要か?ボリボリしながら歩いている人をこれまで見たことはない。地図が入るサイズ、山と高原地図以上のサイズは不要だと私は考えている。

小型ポーチという選択

私は山と高原地図を使わないから、プリントアウトしたA4地図とiPodが入る小さいサイズのサコッシュを探したが、どれも大きすぎる物ばかりだった。

探していくと理想に近いサイズのサコッシュを見つけた。ZOOMAの「 Hiking sacoche mini」は横15cm×縦17.5cm×マチ5cmと他のサコッシュと比べるとかなり小さいサイズだった。
Hiking sacoche mini
Hiking sacoche mini

このブランドはハンドメイドブランドでオーダーも可能だったので、当初はA4二つ折りサイズ(横12cm×縦16cm位)で作ってもらう事を考えていたが、他に良さそうなバッグを見つけた。

on the trailの「えくぼポーチ」。サイズは横13.5cm×縦9㎝×マチ2㎝とかなり小さい。このサイズではA4二つ折りは入らないが、四つ折りなら入る。
サコッシュではなく小型ポーチ、サコッシュにこだわっていて、ポーチという選択は見えていなかった。

on the trail

on the trailはハンドメイドのガレージブランドだ(上記のZOOMAも)。
このブランドは機能面が非常に優れている。例えば下の「mapsac」は山と高原地図をベースにサイズ設計されている、どのような用途で使用するか、アウトドア全般で使える汎用性のある物ではなく山歩きに特化している点が良い。
mapsac

あとはロゴが良い!山を表現したシンボルは無機質だが、人をモチーフにしているものは楽しさが伝わってくる。
デザインしたくなるようなロゴだったので、雪山を歩いているものをデザインしてみた。サムネはドット絵風、こんなキャラで山歩きゲームでもしてみたい。
on the trail


ラッピングも素敵、ハンドメイド品は既成品と異なり暖かさを感じるのがいいね。
ラッピング
カード

on the trail onlineshop
on the trail instagram

製品詳細・評価


小物 on the trail「えくぼポーチ」

デザイン:★★★★☆(4.5)
機能性 :★★★★☆(4.5)
価格  :★★★★☆
ネーミングセンス:★★★★★

◆スペック
素材:x-pac
サイズ:約横12×縦8㎝×厚さ1.8㎝ 重さ約10g
カラー:色々


4.5点

★良い点
  • 超ミニマル
  • かっこいい
  • 軽くて小さいから運動性能もバッチリ

えくぼポーチ

側面のくぼみからアイテム名が付けられているっぽいが、山歩きをしている時に、楽しくてついついニヤけてしまう時に出る「えくぼ」、そんな意図があるようにも感じる。

┌────────┐
│ *´~`* │
└────────┘

えくぼポーチえくぼポーチ

えくぼポーチ

山と高原地図は入りません
えくぼポーチ

A4地図(四つ折り)・コンパス・iPodが収まる極小サイズ
えくぼポーチえくぼポーチ

紐を取り付けショルダーポーチとして利用(紐やカラビナは付いていません)
えくぼポーチ

タバコケースとしてもピッタリのサイズ
えくぼポーチ

他に気になったポーチ・サコッシュ


ROKX x ドラえもん - のび太の宝島 X-PACサコッシュ

横24cm×縦18cm×マチ3cmとサイズが大きすぎる、あともう少しドラえもん感が欲しいところだ。
のび太の宝島 X-PACサコッシュ
のび太の宝島 X-PACサコッシュ

このポーチ(形はもっと三日月型でも良い)のナイロン素材なら欲しい、黄色い熊鈴も付いていたらバカ売れ間違いなし!
山で道を尋ねられたら、スマホやiPodのスピーカーで効果音を出し、大山のぶ代風の声で「やまとこうげんちず~」と地図を取り出してみたい。
ドラえもんポーチ


Hariyama Productions - Rikku hiking pouch

子供用のミニハイキングポーチ、横17cm×縦10cm×マチ2cm。
Rikku hiking pouch/a>
Hariyama Productions - Rikku hiking pouch
同カテゴリ記事 (直近10件)

現在の探求課題

◆『裸足歩きUP』 低山を走れるようになりたい
◆『音楽鑑賞UP』 もっと気持ち良く音楽を聴けるようになりたい(山で)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  自転車山行  幕営山行  道迷い  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  Chillout  テント・シュラフブランド  デザイン  小物ブランド  フットウェア  山と音楽  ウェア  裸足  エレクトロ  奥秩父  サッカー  音楽山行  オぬベ  トレーニング  ランニング  小物  ザック  Soulful  Garage  山動画  尾瀬・日光・北関東  富士山周辺・箱根・伊豆  北アルプス  雨山行  google  飯能アルプス  音楽ジャンル  熱中症  南アルプス  上越・西上州  ブログ  クライミングブランド  フォトムービー  裸足感覚  東北  ディープハイキング  駒ヶ岳  企画  自力山行  Mountainstep  アニマル動画  山岳書籍・映画  時計・計器ブランド  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  ハード  Electro  8mara-eyes  藪漕ぎ  山ショップ  飯能市  Hard  修行  模索山行  熊  ヤマラ仕様  自転車  ヤマラ考察  雪山装備  なぐるっと  大菩薩連嶺  街散策  アニメ  カジュアルハイキング  八ヶ岳  ストーブ・クッカー・ボトル  ミニマルハイキング  多摩川  便利かもツール  東信  良滝  三浦丘陵  怪我  カモシカ山行  山小屋白書  トレランシューズ  クライミング  デジタルカメラ  Techno  Downtempo  街中トレイル  テントシュラフ  メッツァ  コースタイム計算  Experimental  ヤマノススメ  お喋り山行  凍傷  登山地図  プラティパス  中央アルプス  地形  時計・計器  WiMAX  iTunes  熊鈴  上越  メリー歩荷トレ  たまリバー  山行計画  ビブラムファイブフィンガーズ  Firefox  コーラ  白山連峰  レース  山めし  アウトドアブランド  Ambient  裸  メリノウール  Footwork  沢登り  都市計画  まちづくり  ヒップホップ  奥多摩三大急尾根  恥ずかしい失態  表示テスト  亀ウォーキング  キツネ村  超低山  Youtube  カルピス  趣味カテゴリ  リベンジ  ゲーム  高尾山  イヤホン  スマートフォン  散策  ダウンテンポ  Backpacker誌  アウトドアビジネス  はい!きん、ぐぅ~  百名山  フードウェア  ソロキャンプ  はぐれ低山  海外の山  ガチャピン  未踏峰  スタイル  奥武蔵ラビリンス  登山届  アート  絶体絶命  堕天使  クライミングギア  山小屋サミット  MFM  エネルギー切れ  登山用品店  登れない山  パンダ  アートワーク  二百名山  山道具探しの旅  茸  けろっぴ  山と犬  日本の詩 

月別アーカイブ

上に戻る