『ゆるキャン△』アニメ放送が始まりました!

これまではキャンプというと『呑んで喰ってワイワイ楽しむ』というイメージがあったが、この漫画を読んでソロキャンプの存在を知った。
『ゆるキャン△』アニメ放送が始まりました!
ソロキャンガールはカッコイイ!

この漫画に描かれたキャンプは私の想像するキャンプとは全く違うものだった。そして、この漫画は全然ゆるく無かった。一話では主人公の女子高生がチャリでソロキャンプ、しかも冬。寒さに凍え、焚き木は買わずに拾う・・・これのどこが緩いのか?ハードキャンプじゃん。

寒いし面倒くさい、何が彼女をそこまでさせるのか。
理由は『景色が美しいから』、そんな彼女はカッコよく共感してしまった。またソロキャンプにも興味を持った、ぼっちハイキングとぼっちキャンプは似ている、一人の方が自然をより感じられる、それがぼっちである理由なのだ(私は友達がいないだけ)
アウトドアの目的は『自然を感じる事』だ。山歩きとキャンプの違いは動くか動かないかの違いでしかない、高い山に登るのも、険峻な岩壁を攀じるのも、裏山を散歩するのも、場所を固定してキャンプするのも自然を感じる為の手段で目的は同じなのである。
動く事は、色々な景色が見られ、体を動かす事で気持ち良くなれる。動かない事は、景色は固定するが、時間に関係なくゆっくりと景色が見られ、装備の制限がないから快適な空間を作ることが出来る。

「ヤマノススメ」は低山グループハイキング、『低山Love』の高山に全く興味がない拘りのスタンスに非常に共感する。
「山と食欲と私」は単独登山、『山めしと出会い』を題材に客観的視点で山歩きの多様性が描かれている。新しい事を感じ考察し探求する単独女子の姿は魅力的だ。
「ゆるキャン△」はグループ&ソロキャンプ、ヤマノススメと山と食欲と私を足して、それにソロ(孤高キャンパー)について掘り下げて描かれている。景色のシーンの描き方が上手く、感動が伝わってくるのが良い、また3つの漫画の中で内容が一番ディープである。

アウトドアの漫画やアニメが流行るのは嬉しい、山でもキャンプでも、流行りでもいいからもっと自然に触れ合う機会が増えて欲しい。「Go Nature」


ゆるキャン△ 公式サイト
ゆるキャン△ GYAO! 無料配信(現在2話まで)

セレブキャン


『グランピング』という贅沢なキャンプが流行っていて、3月に一人一泊15万円のキャンプ場が奥多摩にオープンするらしい。高級家具に一流シェフのコース料理、自然の中で街と同じ様な快適性が味わえる・・・斬新かもしれないが、これはなんか違うような気がする。

場所も微妙、奥多摩はそんなに景観が良い訳でもないし、高速が無いから意外と遠く、二時間あれば北関東や八ヶ岳まで行くことも可能だ(渋滞しなければ)。
この高額設定で一体誰が利用するのか?15万円も払える人は別荘くらい持っていそうだし、一度は利用してもリピート率は低いような気がする、そう考えるとターゲットは海外からの観光客か?テントと家具はレンタルして初期投資を抑え、ビジネスとして成り立つか実験しているのかもね。

グランピングであればもっと高級感と自然感を追求したサービスを展開してもらいたい。以下の様な宿泊施設があったら、15万円でも泊まってみたい(一生に一回くらいなら)。






【画像】VIP WORKS
じゃらん「グランピング」おすすめ13選

オススメ漫画・アニメ(山とは関係ない)


モンキーピーク 作:志名坂高次 画:粂田晃宏

ジャンルは山岳パニックホラー。会社のレクリエーションで山に登り、そこでイカれた猿に襲われ戦うという内容。
ストーリーの展開上仕方ないのだが、わざわざ窮地に陥る判断をしたり、高山にスーツに革靴という装備だったり、ガレ場を夜中に裸足で歩いたり、高山は一本道なのに敵が迂回していたり等など「そんなことあるか!」と突っ込みどころが満載なのだが、リアルに感じる点も多くハマっている。辛い思いをしてやっと着いた思ったら山頂手前のピークだった・・・これはよくある、ホントに悲しくなる。

山漫画では無いが、ドキドキハラハラのパニック系が好きな人にはお薦め。山での絶望的状況、恐怖心からくる誤判断、山でもしこんな状況になった時の参考として見てみるのもいいかも。一体猿の正体は誰なんでしょうかね?


メイドインアビス つくしあきひと

昨年アニメ放送されたファンタジー漫画。可愛いキャラクターと壮大な世界観、でもグロい、そしてそこが良い。
己の探究心を満たそうとする冒険者、中には他人の犠牲を厭わない野心家も居る。名誉・自己満足・利益と冒険には様々な目的があり、誠実で純粋な冒険者は意外と少ない。
残虐で不快に感じる負のシーンは実にリアルである、綺麗な一面だけで描かれた冒険活劇はそれはそれで面白いが、感情移入のできない妄想の世界だ。自然の脅威、人間の欲、様々な困難を協力し合いながら乗り越えていく主人公一味は美しく、そして応援したくなる。「んなぁ~~~」


宝石の国 市川春子

こちらも昨年アニメ化したファンタジー漫画。世界観やキャラクターがとにかく美しい!女性ならではの表現、男性作家にはこの世界観は描けないだろう。
ストーリーは、綺麗な女の子達とハゲオヤジのハーレムな日常と思いきや、生と死の哲学という重い題材、人間を『骨と肉と魂』に分離してそれぞれの意味や価値を説いている。
漫画はまだ完結していないが、最終的には「無」という答えに落ち着きそうな気がする。最後は主人公が天然キャラに戻ってくれるといいのだが。


不滅のあなたへ 大今良時

これは漫画、宝石の国と似ていて女性作家の哲学系漫画。ぼんやりとしたテーマと、キャタクターがメイドインアビスのように存在感があり魅力的、冒頭の狼と少年の描写が素晴らしい。
映画化された「聲の形」もお薦め。『いじめっ子も苦しい』という表現は、いじめられっ子の優しさなのだろう。今のいじめは陰湿で危険、いじめ問題は学校か行政が対処するしかないと思う(義務養育での退学制度を作る)。


山岳系漫画を誰か書いてくれ

新しい山岳漫画は当分出なさそうなので、題材を考えてみた。
  • 【自然・スポーツ系】
    マラソン競技からトレイルランに転向しレースで記録を残していく物語、オンロードとオフロードの違いと山の素晴らしさを表現する
  • 【レース系】
    アンデス山脈・ロッキー山脈・アラスカ山脈を縦走する超ロングトレイルレースに日本人が挑み紆余曲折を経て優勝する物語、デカスロン(10種競技の漫画)みたいに描くと面白そう
  • 【青春系】
    大学の山岳部が8000メートル峰14座を4年で完登する物語
  • 【動物・バトル系】
    山に捨てられた子供が熊に育てられて、山を荒らす人間と戦う、それか山に住む生物の形態や環境について描く

うーん、全てつまらなさそうだ。。
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  テント・シュラフブランド  デザイン  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  ウェア  裸足  奥秩父  エレクトロ  トレーニング  サッカー  音楽山行  オぬベ  ランニング  小物  Soulful  Garage  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  北アルプス  音楽ジャンル  google  雨山行  上越・西上州  熱中症  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  フォトムービー  クライミングブランド  東北  裸足感覚  企画  自力山行  駒ヶ岳  Mountainstep  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  アニマル動画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  Electro  ハード  8mara-eyes  修行  Hard  アルプス  飯能市  藪漕ぎ  熊  模索山行  山ショップ  自転車  なぐるっと  雪山装備  ヤマラ考察  カモシカ山行  ヤマラ仕様  大菩薩連嶺  アニメ  カジュアルハイキング  街散策  多摩川  ミニマルハイキング  東信  三浦丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  良滝  八ヶ岳  便利かもツール  怪我  Techno  テントシュラフ  コースタイム計算  トレランシューズ  デジタルカメラ  山小屋白書  凍傷  お喋り山行  街中トレイル  クライミング  メッツァ  ヤマノススメ  プラティパス  登山地図  Experimental  Downtempo  山めし  熊鈴  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  たまリバー  WiMAX  裸  Footwork  地形  Ambient  時計・計器  Firefox  上越  中央アルプス  山行計画  沢登り  白山連峰  アウトドアブランド  コーラ  メリノウール  メリー歩荷トレ  レース  カルピス  山と犬  高尾山  趣味カテゴリ  日本の詩  ソロキャンプ  けろっぴ  都市計画  まちづくり  はぐれ低山  二百名山  リベンジ  表示テスト  アウトドアビジネス  フードウェア  イヤホン  百名山  散策  ゲーム  スマートフォン  ヒップホップ  堕天使  超低山  Youtube  MFM  アートワーク  海外の山  パンダ  エネルギー切れ  未踏峰  アート  奥武蔵ラビリンス  山道具探しの旅  はい!きん、ぐぅ~  茸  登山届  クライミングギア  Backpacker誌  絶体絶命  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  ガチャピン  山小屋サミット  ダウンテンポ  登れない山  恥ずかしい失態  登山用品店  スタイル  キツネ村 

月別アーカイブ

上に戻る