オぬベ#1 [Ambient/Downtempo]

「ぺたじろう」「りっすんべーす」と過去に音楽紹介の記事を書いてきたが長続きはしなかった・・・今年はタイトルを一新して頑張りたい!・・・と思う今日この頃。
オぬベ/oNuBe
今回のタイトルは『オぬベ』です!やはりタイトルは大事、これまで長続きしなかったのはタイトルに問題があったからだと思う(ただの三日坊主です)。意味は「Recommended Bass Music」⇒「オヌヌメ(お薦め)ベース」⇒ 略して「オぬベ」
タイトルも大事だがロゴも大事、これまで長続きしなかったのはロゴに(略)、ロゴ(サムネ)のミッキーの手はリコメンドの「r」の文字なのだ。記事は曲調でまとめて、ハード系(赤)・エレクトロ系(黄)・リキッド系(青)・チル系(緑)・ディープ系(灰)とサムネの色で曲調が判るようにした。

これまでは溜め過ぎが原因で飽きて止めていたので、量は少なくてもこまめに排出するようにしようと考えている。毎日は絶対無理なので一週間に一度・・・いや半月に一度は更新できるように心がけたい。貼り付け数も気をつけて多くても20個位にしたいと思う。

とりあえず「目指せ#10!」(りっすんべーすは一応#38まで頑張った)、まぁ適当にやって適当にフェードアウトして新しいタイトルの繰り返しになりそうだ。

エレクトロニカを聴きたい!


最近はモロビエント(ロービートのアンビエント)やエレクトロニカに興味を持ち始めた。低音の効いていない曲やリズミカルではない曲は正直好きではないが、山を気持ち良く歩く為に少し範囲を広げようと考えている。

これまでもモロビエントは聴いていたが、アルバムの構成として扱われている曲のみで、モロビエントオンリーのアーティストは聴いていない。またアンビエント寄りのエレクトロニカもあまり聴いていない。理由はずっと静かな曲を聴いていると眠くなるからだ(低音が無いと眠くなる)。

アンビエントやエレクトロニカといってもその範囲は広い、明るい曲・ダークな曲、静かな曲・激しい曲、壮大な曲・ミクロな世界を表現した曲、フォークトロニカや難解な環境音のノイズやIDMもある。
これらを突き詰めようとすると相当の時間と興味が必要となるが、ドラムン・ダブステ・ガラージ・ダウンテンポ・エクスペリメンタルやディープ系他ジャンルで既にいっぱいいっぱいの状態なので、曲を漁る時間も聴く時間も無い。一番の問題は興味が薄い事、眠くなる(興味があまり無い)曲を無理して聴く必要があるのかということだ。

それでも聴きたいのは、前述した『山を気持ち良く歩く為』という理由からだ。
両方というよりはエレクトロニカに興味がある、高山歩き(絶景)ならアンビエントだが、私は低山専門、展望のない樹林帯はエレクトロニカの世界観の方が合っているような気がする。

ダウンテンポとエレクトロニカの違いはよく解らないが、私的にはチルアウトとアンビエントの中間がエレクトロニカで、ダウンテンポはチルアウトに属すると認識している(自分で感じているだけで調べてはいない)。
【曲調】ハード ⇔ エレクトロ ⇔ ディープ・チルアウト ⇔ アンビエント
※ディープとチルアウトは同列の関係、因みにリキッドファンクはエレクトロとチルアウトの中間となる(チルアウトに属する)

例えば、こーゆー映像を見ると低山歩きとエレクトロニカは合いそうな感じがする。


ただ実景をどう捉えるかで感じ方は異なる。私は『山歩き』という動作状態で景色を見ていて、ベンチやピクニックシート、ハンモックに揺られて寛いだ状態で聴くという訳ではない。ここはかなり重要な点で、私がリズミカルな曲を好むのはこの歩く(走る)動作が関係している。

歩く時の呼吸や心拍と音楽のリズムが同期すると気持ちが良い、これは音に合わせて踊る事と同じだ。また、リズムは自然の鼓動や息吹と置き換える事もできる、そう感じる事で自然が動的な物と認識できるのだ(自然の擬人化)。リズミカルな曲はより人間らしく、ビートなしのアンビエントならゆっくりとした動きの自然を想像できる。

テンポについて少し話をすると、テンポと心拍数は密接に関係していてる。脈拍は一般的に1分間に60~100回となる。ダブステップが心地良いのは70BPMという数値だから、110くらいまでは普通に、120や130は早く、170~180のドラムンは更に早さを感じ高揚感を得られ、200を超えると狂った感じになる。
トレーニングとして心拍数に合わせて音楽のテンポを合わせてくれるアプリもあるそうだ(これはトレーニング効果を高める方法で音楽を楽しむ事はできないが)。
RockMyRun

例えばニューロファンクは山歩きに合うと言えば合う。ただ気分が高揚して気持ち良く歩けるというメリットがあるが、人工的な音と激しすぎるリズムで景色を感じ難くなってしまうというデメリットもある(攻撃的になる)。ハウスは運動全般に適しているが私はジャンルとしてあまり好きじゃない。リキッドファンクは少し早すぎで(山以外のジョギングには適している)、ダウンテンポはテンポが程よく明るいので低山歩きとの相性は良い。

このように心拍数に合ったBPMの曲が良いのだが、心地良さを得るには曲調も関係してくる。ダウンテンポは確かに相性が良いがディープ度が低いためにトリップし難いという問題がある。トリップというは自然と同期する事で、踊っていて気持ちよくなる感覚に近い。
それならディープ系が良いかと言うとそうでもない、70~100bpmのディープ系ベースは景色を深く感じられるが、ダークな部分と明るい低山の景色が噛み合わない、且つ不規則なリズムが歩くリズムに干渉してしまう。低山よりは高山の方が相性が良いという感じだ。

そこで考えたのがエレクトロニカだ、ダウンテンポとディープベースの山歩きにおける不備を補っているエレクトロニカが低山歩きの最適ジャンルなのではないかと仮定してみた。そんな訳で今後はエレクトロニカ(アンビエントも)をお勉強していきたいと考えている。

前述した通りこのジャンルは奥が深すぎるので適当に聴いても理解できない。ベースミュージックに関してはただひたすら曲を聴き情報というのは活用しないが(先入観を持ちたくない為)、これに関しては人の手を借りる事にした。
「公園喫茶」というサイトはめっちゃ解りやすい!レコードショップを運営されていた方が運営していて、細かく丁寧で優しい文章が気に入った(エレクトロニカ的な文章?)。とりあえずこのサイトで紹介された楽曲を聴きお勉強していきた。
公園喫茶

oNuBe #1 Ambient & Electronica & Downtempo


前置きが長くなってしまったが本題の曲紹介、細かく楽曲の説明をしている音楽サイトとかブログ見ると「良い・素晴らしい」と雑な紹介をしている自分が悲しくなってくる。。でもいいのさ、出来ないものは出来ないし、紹介する事に意味があるのだ。

※区別できないのでエレクトロニカもDowntempoと表記してます

Coldcut - Only Heaven

[Chillout] Downtempo, Drum & Bass (Liquidfunk)

Grouper - Paradise Valley

[Chillout] Downtempo, Pop


Thriftworks - Leopardo Rojo

去年のまとめで使った曲、このMV(オフィシャル?)は素晴らしい!
[Deep] Downtempo, Experimental


Fogh Depot - Turmalinturm

[Chillout] Downtempo, Breaks, Future Jazz, Experimental


Datach'i - System

シンセサイザーってエレクトロニカっぽいね(素人)。
[Chillout] IDM, Breaks, Drum & Bass (Breakcore/FutureDnB)


Frederic Robinson - Flea Waltz

フレデリック・ロビンソンのアルバムがやっと出た!浮遊感漂う独特の世界にうっとり(*´~`*)
[Chillout] Drum & Bass (FutureDnB/SoulfulDnB), Downtempo


Feli - Doodles

Jukeは昨年から結構聴くようになった、繋ぐの難しそうだけど機会があればまとめてみたい。
[Chillout] Juke, Drum & Bass (FutureDnB), Downtempo


Elusive - Cosmic Web

24曲もあるが一曲が1分~2分と短く、流して聴いても1時間以内(40分位)に聴けてしまう、短く多く聴く私のスタイルにピッタリだ。

[Chillout] Downtempo


Intriguant - Recluse

シンガポールの人ですって、なるほどシンガポールっぽい(意味不)
[Chillout] Downtempo



Fuuk - Natural Roller Coaster

大阪の人ですって、なるほど大阪っぽい(2nd意味不)
[Chillout] Downtempo

日本人頑張れ!(チルアウト以外もあり)

Aleph - Taw

ソプラノシンガーのTakushi Minagawaさん、ソプラノシンガーというとドレッシーな感じのイメージがするがこの人はワイルドなのだ。
[Chillout] Ambient, Experimental



Nomine ft. Duff & 9ner - World Of G VIP

誰が歌っているかはわからないが、ジャパニーズグライムは外国人ウケするんじゃないか?
[Deep] Grime


BABYMETAL - ギミチョコ!! (かわいい外人 Remix)

メタル×ブレイクコア、そして ベビーメタル×かわいい外人・・・たぶんこの外人はおっさんだと思う。。
[Hard] Drum & Bass (Breakcore)

次のまとめのお知らせ


まとめはYouTubeで「はよ作れ」とコメントを頂いたので、来週辺りに「Hard Neurofunk(Deepも混ぜるかも)」、その次に「Soulful DnB+(少し他ジャンル)」をまとめる予定。評価してもらえるのはメチャクチャ嬉しいのだが、個人的にはAmbient系の再生数が増え、「山とBASSって合うね!」とか「日本の山って素敵!」っていうコメントが欲しい。。
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  テント・シュラフブランド  デザイン  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  ウェア  裸足  奥秩父  エレクトロ  トレーニング  サッカー  音楽山行  オぬベ  ランニング  小物  Soulful  Garage  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  北アルプス  音楽ジャンル  google  雨山行  上越・西上州  熱中症  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  フォトムービー  クライミングブランド  東北  裸足感覚  企画  自力山行  駒ヶ岳  Mountainstep  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  アニマル動画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  Electro  ハード  8mara-eyes  修行  Hard  アルプス  飯能市  藪漕ぎ  熊  模索山行  山ショップ  自転車  なぐるっと  雪山装備  ヤマラ考察  カモシカ山行  ヤマラ仕様  大菩薩連嶺  アニメ  カジュアルハイキング  街散策  多摩川  ミニマルハイキング  東信  三浦丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  良滝  八ヶ岳  便利かもツール  怪我  Techno  テントシュラフ  コースタイム計算  トレランシューズ  デジタルカメラ  山小屋白書  凍傷  お喋り山行  街中トレイル  クライミング  メッツァ  ヤマノススメ  プラティパス  登山地図  Experimental  Downtempo  山めし  熊鈴  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  たまリバー  WiMAX  裸  Footwork  地形  Ambient  時計・計器  Firefox  上越  中央アルプス  山行計画  沢登り  白山連峰  アウトドアブランド  コーラ  メリノウール  メリー歩荷トレ  レース  カルピス  山と犬  高尾山  趣味カテゴリ  日本の詩  ソロキャンプ  けろっぴ  都市計画  まちづくり  はぐれ低山  二百名山  リベンジ  表示テスト  アウトドアビジネス  フードウェア  イヤホン  百名山  散策  ゲーム  スマートフォン  ヒップホップ  堕天使  超低山  Youtube  MFM  アートワーク  海外の山  パンダ  エネルギー切れ  未踏峰  アート  奥武蔵ラビリンス  山道具探しの旅  はい!きん、ぐぅ~  茸  登山届  クライミングギア  Backpacker誌  絶体絶命  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  ガチャピン  山小屋サミット  ダウンテンポ  登れない山  恥ずかしい失態  登山用品店  スタイル  キツネ村 

月別アーカイブ

上に戻る