秋のディープベース祭り③(Techno+)

テクノやハウスは基本的には聴かないが、偶に聴くとその完成度の高さに改めて驚かされる。
o453

※今回のサムネは超テクノ人3です。。

特にテクノ、テクノはディープダンスミュージックの生みの親であり、各ジャンルの根幹の音や、新しい音の試みはテクノによる創作活動の一つに過ぎない。近年で言えばエクスペリメンタルの昇華、ノイズやIDMにリズミカルな音を融合して聴きやすくした。これもテクノのアプローチから生まれたものと言える。

これだけ素晴らしいテクノだが、私が聴く基本ジャンルには含まれない(私の四大ジャンル:ドラムン・ダブステ・ガラージ・ダウンテンポ)。それはテクノのある部分の考え方が自分に合っていない事が理由だ。
テクノの範囲は宇宙のように広いが、四つ打ちベースな曲を指す事が一般的だ。テクノ系ドラムンに似たミニマル、ダブステップに似たダブテクノ、音としては非常に好みなのだが、どうしても許せない事がある。

それは『曲が長い』という事だ

テクノの享楽性は他ジャンルとは大きく異なる、単調な音を長く聴くことで心地良さを感じるのがこれらのテクノの特徴だ。
しかしこの長さが受け付けない、一曲8分から10分とどんなに良いリズムであってもこの長さは個人的には許せない。1時間で10分の曲を6曲聴くのと、5分で12曲なら後者の方が満たされる。今回作ったまとめは1時間半で40曲だが、10分物をフルで編集したら7時間弱もかかってしまうのだ。

また、10分でもストーリー性があればまだ良いのだが、抑揚の無い単調なリズムが長く続くと眠くなってしまう。
リズムや展開の起伏は心の起伏でもある、心が躍るから連動して体が踊るのだ。これはハイキングにも通ずる事だ、平坦な道はつまらない、アップダウンがあり、景色が展開して感情に起伏があるからこそ楽しさを感じたり感動したりするのだ。

ただ一概にこのようなテクノが悪いということはない。それぞれ音楽には楽しみ方があり、それが私の性格には合わないというだけだ。私は抑揚のある音楽や山が好きだが、例えばミニマルが好きな人は、平坦な道やマラソンが得意なのかもしれない。

って事で今回はミニマル系は少しだけで、5分以内の優良テクノを中心にまとめた。さあ、浮遊感漂うダークな宇宙の旅に出発だ!!

著作権に引っかかったみたいでミュートしてます・・・事前に曲チェックしたのに。。編集して再アップします。
25曲目の「GILA - SnoPack」を「Nebulo - Celvas」に変更、事前に『Googleの音楽ポリシー』でチェックして該当しなかったから使用したのに。。ホント、編集後の著作権エラーは勘弁して欲しい。

Deep Techno & Experimental Mix (DBM参)


大きいサイズで見て!

Genre : Techno, Experimental, Ambient/IDM
Released : 2015-2016 (#40 2010)

01 Guy Andrews - Our Spaces
02 Unconscious - Through Other Words
03 Phorm - Invernomuto
04 Lord RAJA - Flying Towards the Ground
05 House of Black Lanterns - Everything
06 Ninos Du Brasil - A Magia Do Rei
07 Kowton - Sleep Chamber
08 Paleman - Yrs Ago
09 Ploy - Sala One Five
10 Jensen Interceptor - UK Storage Unit
11 Gaunt - MMRH
12 Truncate - Hardware Jam 4
13 Neel - Vandal
14 Bjarki - Lefhanded Fuqs
15 Djrum - Abandon Me
16 Rhythmic Theory - Creeper
17 Monolake - Nmos (VLSI Version)
18 Nomine & Cocktail Party Effect - Fist Bump
19 Sean Pierce - Battery
20 Marie Davidson - Denial
21 Whirling Hall Of Knives - Interm2 / Null Takk
22 Andy Stott - Selfish
23 Leon Piers - Larkz (Border Rework)
24 Chunky - Tolk to Meh
25 Nebulo - Celvas GILA - SnoPack
26 Bruce - Relevant Again
27 Dot Product - IRF830
28 WWWINGS Ft. Gronos1, Kastle And Born In Flames - Era
29 Yoshitaka Hikawa - EFN-1
30 LTO - Bodhran
31 Weightausend - Meet Your Doom!
32 Thriftworks - Leopardo Rojo
33 Okzharp & Manthe Ribane - Teleported
34 Blank Banshee - My Machine
35 FaltyDL - Whisper Diving
36 PYUR - Epoch Sinus I
37 Lorn & Dolor - A Farewell With Drums
38 Pulsate - Opaque
39 Acronym - Cleansed in Fire
40 Shed - The Traveller

再生時間:01:28:37
ビットレート:342kbps (映像150kbps、音声192kbps)
サイズ・フレームレート:854 x 480, 10fps
ファイル容量:218MB

ベースミュージックまとめ【O453】
秋のDBM祭り#3はテクノとエクスペリメンタル。

ノイズ系エクスペリメンタルは波形を細かく見るとテクニカルだね、適当に音を並べているようで実は緻密に計算されている、文学要素より数学要素が強いので理系の人の方が向いているのかも。

テクノからノイズ系エクスペリメンタル、その後は非ノイズ系エクスペリメンタルを構成したが、全体の曲調(テクノ感)から外れているような気がして編集中に変更するか考えた。しかしこれはこれでテクノ感があるような気もしたのででそのままにした(代替作業もめんどいし)。テクノが電子的な音楽というのは狭義の意味、広義ではシリアスでテクニカルでディープな音楽はテクノと言ってもよい。

#1のダブステは異常にエンコードに時間がかかったが、#1と比べ#2は1/3、今回の#3は1/5と短い時間でエンコードできた。#1が異常に時間がかかったのは、どうやら背景に対してエフェクト(ぼかし処理)をかけた事が原因のようだ。ぼかしやグローを一枚一枚加工して書き出す、FPS値が高ければそれだけ処理時間もかかるという事だ。
静止した背景に対してエフェクトをかけるなら、画像編集ソフトで加工して動画ソフトに取り込むのが良いと言うことを今回勉強した。

残りはドラムン×2。40曲構成は疲れるし、曲調が似ていると飽きるから各30曲にする予定(週末アップ予定)。


音楽も山も『山あり谷あり』

テクノは繋げるのが大変だった。。特にミニマルやダブテクノの『うまい棒』みたいな波形には泣けた、こまかーーーいリズムに波形が真っ直ぐだからどこから繋ぐか探すのに苦労した。「1・2・3・4・・・あれ?どこだ?」と小節を数えるのも大変、テクノはテクニカルなだけにmixも高度なスキルが必要ってか?

★一般的なダンスミュージックの波形
どこに次の曲を挿入するかパッと見で理解できる


☆うまい棒型のテクノの波形(≠海苔波形)
見た瞬間に嫌になる波形・・・「お前はう○こかよ」って突っ込みたくなる。今回は基本的に一曲2分なので、強制的にフェードアウトさせた(この箇所は特に繋ぎが悪い)


テクノのミックスはフェードの調整がキモだね、この微調整が非常に難しい。かなり疲れたからもうテクノは編集しないかも(やるとしたらうまい棒は絶対外す)。
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  テント・シュラフブランド  デザイン  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  ウェア  裸足  奥秩父  エレクトロ  トレーニング  サッカー  音楽山行  オぬベ  ランニング  小物  Soulful  Garage  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  北アルプス  音楽ジャンル  google  雨山行  上越・西上州  熱中症  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  フォトムービー  クライミングブランド  東北  裸足感覚  企画  自力山行  駒ヶ岳  Mountainstep  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  アニマル動画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  Electro  ハード  8mara-eyes  修行  Hard  アルプス  飯能市  藪漕ぎ  熊  模索山行  山ショップ  自転車  なぐるっと  雪山装備  ヤマラ考察  カモシカ山行  ヤマラ仕様  大菩薩連嶺  アニメ  カジュアルハイキング  街散策  多摩川  ミニマルハイキング  東信  三浦丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  良滝  八ヶ岳  便利かもツール  怪我  Techno  テントシュラフ  コースタイム計算  トレランシューズ  デジタルカメラ  山小屋白書  凍傷  お喋り山行  街中トレイル  クライミング  メッツァ  ヤマノススメ  プラティパス  登山地図  Experimental  Downtempo  山めし  熊鈴  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  たまリバー  WiMAX  裸  Footwork  地形  Ambient  時計・計器  Firefox  上越  中央アルプス  山行計画  沢登り  白山連峰  アウトドアブランド  コーラ  メリノウール  メリー歩荷トレ  レース  カルピス  山と犬  高尾山  趣味カテゴリ  日本の詩  ソロキャンプ  けろっぴ  都市計画  まちづくり  はぐれ低山  二百名山  リベンジ  表示テスト  アウトドアビジネス  フードウェア  イヤホン  百名山  散策  ゲーム  スマートフォン  ヒップホップ  堕天使  超低山  Youtube  MFM  アートワーク  海外の山  パンダ  エネルギー切れ  未踏峰  アート  奥武蔵ラビリンス  山道具探しの旅  はい!きん、ぐぅ~  茸  登山届  クライミングギア  Backpacker誌  絶体絶命  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  ガチャピン  山小屋サミット  ダウンテンポ  登れない山  恥ずかしい失態  登山用品店  スタイル  キツネ村 

月別アーカイブ

上に戻る