ナイトハイク@塔ノ岳

この時期の山歩きは地獄だ、たとえ3000m級でも暑さで楽しめない。それでも行くとしたら沢登りか『ドラキュラ登り』しかない。ドラキュラ登りとは日が沈んでいる時間帯に登る方法だ。黒いウェアで色白、朝方登山口で下っているのを見かけたらそれはドラキュラのぼらーだ。
ナイトハイク@塔ノ岳
私は湿度に超弱い、この8月はまともに家から出られない状態だ。こんな状態なので、9月までは山をお休みしようと考えていたが、山が恋しくなったのと体力低下がヤバいので山に行くことにした。

日中は暑さで楽しめないので夜から登るナイトハイク(ドラキュラ登り)とした。山域は奥多摩・奥武蔵・奥秩父はこの時期は怖くて歩けないので丹沢を選択、丹沢は他エリアと異なり展望に優れている、稜線に出てしまえば動物に遭遇する確率は低くなる。ルートは表尾根、戸川から入り、三ノ塔尾根(初)で三ノ塔に出ることにした。塔ノ岳からは蛭ヶ岳、蛭ヶ岳でポケモンの『ヒルーガ』をゲットして、その後は体力と気分次第でルートを選択という計画だった。

しかし、結果は塔ノ岳のみ、政次郎ノ頭から戸沢に下山した。塔ノ岳でガスが出て展望が無くなったので蛭ヶ岳の縦走は止めた。そのあとは表尾根でヤビツ峠に下り大山にでも登ろうとしたが、7時くらいから蒸してきたので最短で下れる政次郎尾根で下山した。
早々に下山したのは湿度が不快だったこともあるが、体力的にも限界だった。久々の運動だったので天候が良くても蛭ヶ岳まては無理だったと思う。

山行記録


1時に渋沢駅に到着、深夜なのに少し蒸し蒸しする(東京よりは低湿度)。途中のコンビニで冷凍飲料を購入、湿度に対抗するには冷たい飲み物で不快度を下げるしかない。



山岳スポーツセンターから登山口までの林道が工事中で途中迂回路を歩いたが、ここがホラーコースでヤバかった。。
木の茂みから聞こえるガサガサ音、上はカラスの大群、下は何の動物か判らない。このガサガサ音が5分程続いたのだ・・・カラスは危害がないからよしとして、下のガサガサ音が怖かった。複数いるのか、それとも追いかけられているのか?
ペースを上げる、それでも音は止まない、更にペースアップ、息が上がってくる。「ハアハア」という息づかいを「ウーウー」に変えて相手を威嚇した。暫くするとガサガサ音は聞こえなくなったが、不安は解消されない。その後もペースを上げて歩いていくと林道に合流した(迂回路終了)。
林道に出て安心したが、ペースを上げ過ぎて既に疲労感を感じる。。あのガサガサ音の正体は何だったのか?


登山口から約半分の地点(牛首)まではダラダラ登りで内容は悪かった、後半はしっかりとした登山道で登っていて楽しさを感じた。しかし、表尾根に近づくにつれ急登になり足が何度か止まってしまった(序盤のペースアップが原因)。


表尾根(三ノ塔)の合流の手前あたりでガスが出始める、そのうち濃霧となり視界が塞がれていった。さっきまでは蒸していたのに気温も急激に変わり、吐く息が白くなる程だった。


この視界不良ではせっかくの表尾根の景色が台無しだ、このまま歩いてもつまらないので、明るくなるまで三ノ塔小屋(休憩所)で仮眠をとった。


明るくなったが視界は悪い、三ノ塔から烏尾山の眺望もガスで何も見えない。。



烏尾山を越えた辺りからガスが薄くなる、徐々に景色が映し出される。
「素晴らしい!」気持ち良い朝の時間帯でこの景色、夜から登ってよかった!表尾根を選択してよかった!


朝の表尾根①(丹沢 塔ノ岳)





朝の表尾根②(丹沢 塔ノ岳)



景色は良いのだが表尾根のアップダウンに足が重くなる。表尾根ってこんなにキツかったか?ヤビツ峠をチャリで登ってピストンしていた頃と比べると、体力がだいぶ落ちているなぁ。







塔ノ岳に着くとまたガスが・・・眺望のない丹沢主脈縦走はイチゴのないショートケーキのようなものだ。義務的に歩くと精神的にも疲れるので今回は蛭ヶ岳は中止した。


ヤビツ峠に下り大山を予定していたが、湿度が不快に感じ耐えられなくなってきたので政次郎ノ頭から戸沢に下山した。




丹沢といえば沢登り、来季から沢登りでも始めようかな。


戸沢から大倉までの林道歩きは長いが、途中沢や湧水があるのが嬉しい(沢水で全身を濡らし暑さを和らげた)。


タイム


渋沢駅(1:00)~山岳スポーツセンター(1:54)~三ノ塔尾根登山口(2:08)~牛首(2:45)~三ノ塔(3:48)~(視界不良の為三ノ塔小屋で仮眠)~烏尾山(4:49)~塔ノ岳(6:00)~政次郎ノ頭(7:08)~(談笑)~戸沢登山口(8:20)~大倉バス停(9:40)

その他の写真


20160807

ヒルーガによる被害


ドラキュラ(登り)なのに血を吸われた(´・ω・`)
丹沢南部なのにヤマヒルに食われた(靴の中も血だらけ)、南部でこれってことは焼山や宮ヶ瀬湖付近を歩いたら出血多量で死んでしまうかもしれない・・・

 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  奥高尾  チルアウト  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  丘歩き  ディープ  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  丹沢  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  デザイン  テント・シュラフブランド  フットウェア  ウェア  小物ブランド  山と音楽  裸足  奥秩父  エレクトロ  音楽山行  サッカー  オぬベ  ランニング  トレーニング  小物  富士山周辺・箱根・伊豆  Garage  Soulful  ザック  尾瀬・日光・北関東  山動画  北アルプス  雨山行  音楽ジャンル  google  飯能アルプス  南アルプス  裸足感覚  カジュアルハイキング  熱中症  上越・西上州  東北  ブログ  クライミングブランド  フォトムービー  ディープハイキング  企画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  駒ヶ岳  Electro  Mountainstep  ハード  アニマル動画  自力山行  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  道志山塊  街散策  8mara-eyes  藪漕ぎ  飯能市  アルプス  山ショップ  熊  修行  模索山行  Hard  自転車  大菩薩連嶺  富士山麓シリーズ  雪山装備  アニメ  なぐるっと  ヤマラ考察  カモシカ山行  怪我  ヤマラ仕様  東信  八ヶ岳  便利かもツール  ストーブ・クッカー・ボトル  ミニマルハイキング  良滝  街中トレイル  多摩川  多摩丘陵  三浦丘陵  デジタルカメラ  山小屋白書  Techno  Downtempo  Experimental  お喋り山行  トレランシューズ  コースタイム計算  メッツァ  テントシュラフ  ヤマノススメ  凍傷  登山地図  クライミング  プラティパス  Footwork  地形  たまリバー  裸  Firefox  レース  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  白山連峰  山行計画  時計・計器  コーラ  アウトドアブランド  山めし  上越  メリー歩荷トレ  中央アルプス  沢登り  WiMAX  熊鈴  Ambient  メリノウール  クラブ活動  高尾山  登山用品店  Backpacker誌  クライミングギア  Bass  スマートフォン  ゲーム  ヒップホップ  山道具探しの旅  茸  アートワーク  パンダ  堕天使  絶体絶命  はい!きん、ぐぅ~  アウトドアビジネス  フードウェア  エネルギー切れ  登れない山  まちづくり  カルピス  趣味カテゴリ  リベンジ  都市計画  キツネ村  恥ずかしい失態  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  アート  未踏峰  山小屋サミット  MFM  二百名山  けろっぴ  ダウンテンポ  奥武蔵ラビリンス  海外の山  ガチャピン  登山届  日本の詩  表示テスト  はぐれ低山  Youtube  スタイル  ソロキャンプ  山と犬  イヤホン  散策  超低山  百名山 

月別アーカイブ

上に戻る