SOLO CLIMBER

世の中凄い人がいるもんだ。スポーツの世界ではイチローや最近でいえば長友など素晴らしい選手が存在するが、山の世界の人達は少し変わった凄さを持った人が多く見られる。変わり者、社会的にみて理解の範囲を超える人たち、そんな人に魅了されちゃう私
Ueli Steck
☆Dan Osman
Dan Osman (February 11, 1963 - November 23, 1998) was an American extreme sport practitioner, known for the dangerous sports of "free-soloing" (rock climbing without ropes or other safety gear); and "rope jumping" (falling several hundred feet from a cliff then being caught by a safety rope), for which his record was over 1000 feet/300 meters. He was known for living a bohemian lifestyle, rarely working, and living in a tree house for months at a time. He was the star of several rock climbing videos, which brought free-soloing to a wider audience. Dan had one daughter.

by wiki

fmfm要約すると「すごい男」って書いてありますね。

カッコイイ。女性に生まれたら結婚したいNo.1。
現代のアルピニストという言葉がピッタリな人物。
大好きな映画「ハート・ブルー」のボーディ(故パトリック・スウェイジ)と人物像が被る。
「Masters of Stone」というクライミングDVDの映像がこれまたカッコイイ。
BGMがメタリカ(80年代のハードロックブームで聴いた依頼)でこれがまた映像に合っていて、iTuneストアですぐゲッツしちゃいました。
スピードクライミングも凄いけど、バンジー(ハイ)ジャンプの映像が、、、鉄橋から地面を指差して落下するシーンが特に印象的だった。
現代のアルピニストと称したのは、社会的価値で目標を定めるのではなく、個人として自由で楽しめる(満足できる)スタイルで困難に挑戦している点からそう感じた。
ハイキング~登山の様なステップアップの先にクライミング~フリーソロ~ベースジャンプみたいな流れがあるのかな?



Craziness



☆Ueli Steck
Ueli Steck (* 4. Oktober 1976 in Langnau im Emmental, Schweiz) ist ein Schweizer Extrembergsteiger. Er ist gelernter Zimmermann und lebt in Ringgenberg bei Interlaken.

by wiki

この人は昔ながらの高所アルパインクライマー。しかし高所でスピードクライミングをやるというトンデモクライマーである(路線としては理解できなくは無いが、それに至るまでには相当な経験値がないとできないでしょう)。



映像見たとき衝撃受けました。マジパネェッス
え?ヨーロッパアルプス4000m級を積雪期にその時間で??
アイガー2:47 グランドジョラス2:21 マッタホルン1:56…
おいおいあんた雪壁で…ナイフリッジで…走って、、クレイジーすぎる。
しかもフリーソロでリーシュレスだし、フリーと違って落石あるし、もうね5次元くらいの感覚の差異がありますわ。

クライミングとしての記録も凄いが、映像としても素晴らしい作品となっていて、カメラワークやBGMの選定と今までに無い撮り方で、山(アイガー)の素晴らしさも表現した作品となってます。
映像制作会社:Sender Films

☆山野井泰史
山野井 泰史(やまのい やすし、1965年4月21日 - ) は、東京都出身のソロクライマー。身長165cm、体重58kg。東京都西多摩郡奥多摩町在住。

高校就学時よりアルパイン・クライミングに傾倒。高校卒業後はアメリカ合衆国のヨセミテなどでフリークライミングに没頭する。フリークライマー平山ユージと共にルートに挑戦した。その後はビッグウォールに転身し、妻の妙子とともに、毎年新ルートを開拓する。ギャチュン・カン北壁の登攀後、嵐と雪崩に巻き込まれ重度の凍傷に罹り手足の指10本を切断する重傷を負うも、クライミングへの熱意は冷めず、オールラウンドな挑戦を続けている。

2008年9月17日、自宅近くの奥多摩湖北側の倉戸山登山道付近をジョギング中に熊に襲われ、顔などに重傷を負い、ヘリコプターで青梅市内の病院へ搬送された。右腕20針、顔面70針を縫い、9月24日まで入院する。

by wiki

2008年の熊事件を知りそれ以降はMy鈴を携行するようになった。

関連書籍を読むとソロクライミングの過酷さが伝わってくる。
特に高所での壮絶な登攀は、楽しさや美しさを感じる余裕もなく、不安を排除し山と対峙しなければならない。この感覚は通常の意識では理解する事は難しいだろう。

私も過去に数回ソロクライミングにチャレンジしたが、体力・技術・判断・精神力とソロに必要な要素が欠如しており、痛い目にあった経験がある。
谷川の中央カンテを登ったときは、朝3時に出て駐車場に戻ってきたのが夜9時。とにかく時間がかかる、フリーソロの技術が絶対不可欠となりロープを一々使用していたら時間を短縮することはできない。ロープを出せば登って~降りて~登ってとパーティの数倍体力を消耗し、パーティならばビレイ時など体を休めることができるが、ソロの場合休憩すればその分ロスとなってしまう。
また他のパーティがいればソロでも精神面はさほど変化は無いが、その場に誰もいないと不安な状態に陥りやすい、前にアイスをソロでやっていた際その不安からフォールした。
そこまでして完登しても達成感で満たされない私はソロ向きじゃないという事なのだろう。個人的には
困難を共に乗り越え踏破し、その感動を共有できる瞬間>>>>>>ソロの達成感
であり経験・技術も関係するが性格・価値観により向き不向きがある事を理解した。

ソロクライマー恐るべし
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

コメント

※確認画面のタイトル・メールアドレスは表示されません(管理者のみ)

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://8mara.blog.fc2.com/tb.php/7-89b4dd0d

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  フットウェアブランド  Chillout  ウェアブランド  丹沢  テント・シュラフブランド  デザイン  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  ウェア  裸足  奥秩父  エレクトロ  トレーニング  サッカー  音楽山行  オぬベ  小物  ランニング  Soulful  ザック  Garage  山動画  尾瀬・日光・北関東  富士山周辺・箱根・伊豆  飯能アルプス  北アルプス  音楽ジャンル  google  雨山行  上越・西上州  熱中症  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  フォトムービー  クライミングブランド  東北  裸足感覚  企画  自力山行  駒ヶ岳  Mountainstep  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  アニマル動画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  Electro  ハード  8mara-eyes  修行  Hard  アルプス  飯能市  藪漕ぎ  熊  模索山行  山ショップ  自転車  なぐるっと  雪山装備  ヤマラ考察  カモシカ山行  ヤマラ仕様  大菩薩連嶺  アニメ  カジュアルハイキング  街散策  多摩川  ミニマルハイキング  東信  三浦丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  良滝  八ヶ岳  便利かもツール  怪我  Techno  テントシュラフ  コースタイム計算  トレランシューズ  デジタルカメラ  山小屋白書  凍傷  お喋り山行  街中トレイル  クライミング  メッツァ  ヤマノススメ  プラティパス  登山地図  Experimental  Downtempo  山めし  熊鈴  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  たまリバー  WiMAX  裸  Footwork  地形  Ambient  時計・計器  Firefox  上越  中央アルプス  山行計画  沢登り  白山連峰  アウトドアブランド  コーラ  メリノウール  メリー歩荷トレ  レース  カルピス  山と犬  高尾山  趣味カテゴリ  日本の詩  ソロキャンプ  けろっぴ  都市計画  まちづくり  はぐれ低山  二百名山  リベンジ  表示テスト  アウトドアビジネス  フードウェア  イヤホン  百名山  散策  ゲーム  スマートフォン  ヒップホップ  堕天使  超低山  Youtube  MFM  アートワーク  海外の山  パンダ  エネルギー切れ  未踏峰  アート  奥武蔵ラビリンス  山道具探しの旅  はい!きん、ぐぅ~  茸  登山届  クライミングギア  Backpacker誌  絶体絶命  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  ガチャピン  山小屋サミット  ダウンテンポ  登れない山  恥ずかしい失態  登山用品店  スタイル  キツネ村 

月別アーカイブ

上に戻る