山小屋サミットに行ってきた

山小屋サミットに行ってきた。山小屋サミットは石井スポーツが主催しているイベント(今年で第四回目)で、今年は渋谷で5/16・17の二日間行われた。
山小屋サミットに行ってきた
あのさ、何で土日じゃなくて金土なの?為になりそうなトークショーは全て金曜日(土曜日は初心者を対象としたものばかり)、金曜日の昼にトレランのトークショーやって誰が来るの?
イベント会場の利用費の関係で金土になったと思うが、この日程が意味することは『対象が高齢者という事』。確かに登山用品店で一番売上に貢献しているのは高齢者であり、その人達への還元サービスという点では日程を気にすることはない。また、コストの掛かるこの様なイベントを主催する事自体が素晴らしいとも思える(さすが石井スポーツ!)。
しかし、欲を言えば若年層にも目を向けて欲しい。今より10年後の利益の為に投資をしてもらいたい。ニコニコ超会議の様なイベントになったら・・・山小屋サミットに徹夜で並ぶ人・・・そんな時代は来るのだろうか?

このイベントはPEAKSのツイッターで知った。山のイベントや講習会の情報は興味があるのだが、私は情報の取得が苦手だ、ツイートは偶にしか見ないから情報は殆ど得られない。私のために、完全に山情報を網羅したサイトを誰か作ってくださいm(._.)m

二日目の土曜日に行く予定だったが、当日すっかりイベントの事を忘れていた・・・ブログの更新をしてから、「あっ!山小屋サミット今日だった(汗)」と気付いた。今日の開催時間は17時まで(17時に終わるとかありえないわ)、速攻用意をして渋谷へ、会場に到着したのは16時40分。着くには着いたが、ちょっと時間が遅すぎた。。


受付でアンケートを取られた、内容は「どこ住み?」と「スキーやってる?」の2つ。「どんな形態を行っていますか?」という質問だったらディープハイクについて延々と語りたかったが、なぜにスキーなのか?スキー客の人口を調査して仕入れ量を調整するという感じ?

会場は「山小屋ブース」「アウトドアブランドブース」「アウトドア大バーゲン」「カルチャーブース」という構成。メインなのに山小屋ブースが狭すぎ、まぁ広すぎても寂しい感じになるから丁度いいのかもしれないが。
それにしても仲川希良さんのトークショウは見たかった(一日二回もやっていたからイチオシだったのだろう)・・・どこの山に行ったらこの娘と出会えるのだろうか?出没エリアを知りたい。


終演まで残り20分という事で山小屋ブースは空いていた。話をするにも時間が短いので今回は眺めるだけで終わった。でも、実際に何を話すのか?

 ヤマラ「こんにちわ!」
 山小屋の人「こんにちは」
 ヤマラ「・・・・」(特に聞きたい事ないんだけど)
 山小屋の人「・・・・」(沈黙かよ、何か話せって)

周辺の山の魅力?サービスの内容?山小屋の生活についての疑問?そんな質問ができるような雰囲気は感じられなかった。実際は小屋を利用している顧客がイベント会場で談笑するというケースが殆んどだろう。
各ブースに小屋の特徴や周辺の山の説明が書かれたパネルを設置して、質問のきっかけを作る等の工夫が必要と感じた。後はもう少し女性を増やして欲しい(女性従業員を増やせば山小屋は利用者が増える、女性だけの小屋があったら一万円でも泊まりたい)。


アウトドアブランドブースは商品が少ない、これなら原宿の旗艦店を回ったほうがいい。Valandreのシュラフ(左の緑色のシュラフ)、お値段は「じゅうよんまんにせんえん!」。高いけど暖かそう(適合温度-35度)、そして重い(2144g)。


アウトドア大バーゲンは二日目ということで良品は残っていなかった。


20分という短い時間だったが、山小屋ブースで話をしたりトークショウを見なかったので十分に足りた(山道具を見るなら他の店行くし、セール品はそもそも興味が無い)。
来年は早い時間に行って、子どもじみた質問で山小屋ブースを攻めてみたい。あとトークショウも見たい・・・いや、できれば講師として出演したい。
『ディープハイキングのススメ』講師:ヤマラ

ウィンドウショッピング


折角都心に来たので、渋谷から原宿のショップを巡ってきた(今は特に欲しいものが無いので見るだけ)。

子供専用ボルダリングジム『PEKIPEKI』。こんなのあるんだ、渋谷に住む人子供達は遊び場が少ないから良いかもしれない。ボルダリングというとストイックで激しい行為を想像するが、子供の発育に影響は無いのだろうか?初段とか登る神童とかいるのかな?
マウンテンハードウェアのこのシャツがカッコ良かった!今の私の山行スタイルだと合わないので(走るのには適さない)購入はしなかったが、かなり惹かれてしまった(左のシャツ+ショーツ+ハットのスタイル)。


ジャックウルフスキンの旗艦店がオープンしてた。ロゴは好きなんだけどねぇ。
原宿の石井スポーツで気になるショーツを発見(マウンテンイクイップメント)したが、女性用だった・・・なぜ男性用は長いのか。

 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

コメント

※確認画面のタイトル・メールアドレスは表示されません(管理者のみ)

管理者にだけ表示を許可する

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  幕営山行  雪山山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  フットウェアブランド  Chillout  丹沢  ウェアブランド  デザイン  テント・シュラフブランド  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  裸足  ウェア  エレクトロ  奥秩父  オぬベ  サッカー  トレーニング  音楽山行  ランニング  小物  Garage  Soulful  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  音楽ジャンル  雨山行  google  北アルプス  熱中症  上越・西上州  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  裸足感覚  フォトムービー  クライミングブランド  東北  自力山行  企画  Mountainstep  駒ヶ岳  時計・計器ブランド  アニマル動画  Electro  山岳書籍・映画  ハード  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  8mara-eyes  熊  修行  Hard  山ショップ  アルプス  飯能市  模索山行  街散策  藪漕ぎ  カジュアルハイキング  ヤマラ考察  なぐるっと  自転車  カモシカ山行  ヤマラ仕様  雪山装備  大菩薩連嶺  怪我  アニメ  街中トレイル  三浦丘陵  便利かもツール  ストーブ・クッカー・ボトル  八ヶ岳  良滝  ミニマルハイキング  東信  多摩川  トレランシューズ  デジタルカメラ  コースタイム計算  テントシュラフ  クライミング  凍傷  お喋り山行  ヤマノススメ  山小屋白書  Experimental  Techno  プラティパス  メッツァ  Downtempo  登山地図  山めし  iTunes  中央アルプス  地形  熊鈴  Ambient  ビブラムファイブフィンガーズ  Firefox  たまリバー  WiMAX  Footwork  時計・計器  裸  上越  北関東  メリノウール  レース  山行計画  白山連峰  沢登り  コーラ  メリー歩荷トレ  アウトドアブランド  けろっぴ  カルピス  山と犬  二百名山  奥多摩三大急尾根  亀ウォーキング  ソロキャンプ  キツネ村  都市計画  高尾山  まちづくり  趣味カテゴリ  散策  ゲーム  Bass  イヤホン  超低山  ヒップホップ  MFM  リベンジ  表示テスト  スマートフォン  日本の詩  はぐれ低山  堕天使  絶体絶命  山道具探しの旅  登山届  奥武蔵ラビリンス  未踏峰  ガチャピン  はい!きん、ぐぅ~  アウトドアビジネス  アート  海外の山  フードウェア  茸  スタイル  ダウンテンポ  登山用品店  山小屋サミット  百名山  登れない山  エネルギー切れ  パンダ  アートワーク  Youtube  クライミングギア  Backpacker誌  恥ずかしい失態 

月別アーカイブ

上に戻る