メリノウール vs 化繊(レイヤリング)

メリノウールは通年使える超便利ウェアと推してきましたが、その考えに疑問を持つようになった。『使えるが使えない場合もある』これが正しい表現である。
メリノウール vs 化繊(レイヤリング)
『メリノウールと化繊はどちらが良いか?』一躍有名になったメリノウールだが、メリノ最強説に異論を唱える人も少なくない。

私はメリノ信者なので頑なに使い続けていたが、最近は『メリノ外し』を考えるようになってきた。メリノウールは万能だが冬場は弱い(使い方で夏場も)、要はどんなに優れたアイテムでも欠点はあるということです。

前々からこの事実を感じていたので、今回はメリノウール(以下メリノ)と化繊についての効果と効能を考えてみました。
山用ウェアのレイヤリングはこの様になっていて、季節や気温によってレイヤーを重ねていき体温を調整していきます。
レイヤリング
※スパッツだけは体温調整とは関係ない機能アイテム(雪・泥除け)となる

メリノは単体で使うより、レイヤリングで効果を発揮するアイテムです。図の「ベースウェア」か「ミドルウエア」か「グローブ」が該当する箇所となり、その上に別の物をまとう事でより効果を得られます。

メリノと化繊の一番の違いは『保温性』です。
メリノは速乾性も併せ持ちますが性能は化繊より劣ります。どのように乾かしているかというとメリノは『吸湿+保温』、化繊は『吸水+拡散』で水分を蒸発させています。ウールは『水をはじく』をいう特性を持っているので吸水性はありません(メリノウール混紡の場合は保温性+吸水拡散性)。
メリノウール vs 化繊
※化繊の水分は大きく表示していますが、実際は断層で細かく分散している

下図はレイヤー無し単体の場合の比較で、夏場の気温が高い時のイメージです。
暑い+運動による発熱で発汗が激しい場合は、メリノは水分の蒸発が追いつかず表面までべっとりと汗が付着してしまいます。発汗量によっては化繊も蒸発が追いつかなくなりますが、不快感はメリノの方が高く感じます(蒸発の構造と特性である保温性によって発汗量が多くなる為)。
メリノウール vs 化繊
といっても夏場はメリノが使えないという事はなく、ベースでは使えないだけでセカンドレイヤーの防寒具としては非常に優ています(保温性と収納性)。
また、登山形態や個人の体質(体温や発汗量)によってはベースにメリノでも問題はありません。例えばトレランでは使えないが、夏場でも気温の低いアルプス歩きやゆったりハイキングなら使えます。

3シーズンでは大活躍のメリノだが冬はあまり芳しくない。下図はベースとセカンドをメリノにして、その上にオーバージャケットを着た時のイメージです。
ダブルメリノは『温かい』。速乾性は天気が良い時はそれなりに乾きますが、気温が低いと吸湿+吸湿+透湿でも処理が追いつかず濡れてしまいます。
レイヤリング

この様な場合はベースは化繊の方が優ています、化繊で吸水しメリノで保温した方が速乾性が高く快適に歩けます(保温性は少々落ちます)。
レイヤリング

ところが汗の量が増えるとメリノの場合は問題が発生してしまいます。
雪山はバランス維持やラッセルで運動量が大きくなり発汗量は増えます。化繊で処理できなかった汗がメリノでも処理できず汗が残ってしまい、この汗が冷気によって冷やされてしまいます。冷気の膜ができるとメリノやオーバージャケットの保温性は効果が著しく低下してしまいます。
レイヤリング

となると雪山ではメリノを使わず化繊+フリースが良いのかもしれません。
フリースは吸水性があり厚みもあるので外面には汗が抜けにくい、冷気の膜ができないのでフリースとオーバージャケットの保温性は活かされ汗の蒸発を補助し体も温めてくれます。
レイヤリング

それなら「フリース+メリノが最強?」と考えてみましたが、結果は下図のように冷気の膜ができ体が冷えてしまいます。やはりメリノは『いらない子』という事になってしまうのです(´・_・`)
レイヤリング

両特性を併せ持つメリウール混紡という素材もありますが(着たことはないので詳細は不明です)、ベースやセカンドレイヤーで速乾性を求めるなら化繊に軍配が上がるし、ミドルレイヤーで保温性を求めるなら生地の厚みに限界があるメリノよりフリースを選んだほうが良いと思います。


上でも書いたとおり個人差があるので冬場でもメリノは使えます。
あなたが真のメリノ信者なら多少の不快は許せるでしょう。私もそういう気持ちで裏切られてもメリノを着続けています。メリノ外しを検討してますが、私はこのまま信者で居続けるかもしれません(´・ω・`)
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

コメント

※確認画面のタイトル・メールアドレスは表示されません(管理者のみ)

管理者にだけ表示を許可する

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  奥高尾  チルアウト  道迷い  幕営山行  雪山山行  自転車山行  りっすんべーす  丘歩き  ディープ  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  丹沢  ウェアブランド  デザイン  テント・シュラフブランド  フットウェア  小物ブランド  裸足  ウェア  山と音楽  奥秩父  エレクトロ  音楽山行  オぬベ  ランニング  サッカー  トレーニング  小物  Soulful  Garage  ザック  富士山周辺・箱根・伊豆  山動画  尾瀬・日光・北関東  音楽ジャンル  雨山行  google  飯能アルプス  北アルプス  熱中症  南アルプス  上越・西上州  裸足感覚  ディープハイキング  クライミングブランド  東北  フォトムービー  ブログ  駒ヶ岳  時計・計器ブランド  アニマル動画  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  カジュアルハイキング  Electro  Mountainstep  山岳書籍・映画  ハード  企画  自力山行  街散策  8mara-eyes  山ショップ  アルプス  熊  飯能市  藪漕ぎ  模索山行  修行  Hard  ヤマラ仕様  ヤマラ考察  カモシカ山行  大菩薩連嶺  アニメ  なぐるっと  怪我  自転車  雪山装備  多摩丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  街中トレイル  便利かもツール  八ヶ岳  東信  三浦丘陵  多摩川  ミニマルハイキング  良滝  コースタイム計算  クライミング  Techno  お喋り山行  メッツァ  トレランシューズ  デジタルカメラ  富士山麓シリーズ  ヤマノススメ  山小屋白書  Experimental  テントシュラフ  凍傷  プラティパス  登山地図  Downtempo  上越  山行計画  裸  中央アルプス  Firefox  Ambient  メリー歩荷トレ  北関東  Footwork  iTunes  レース  WiMAX  山めし  コーラ  たまリバー  ビブラムファイブフィンガーズ  アウトドアブランド  白山連峰  時計・計器  メリノウール  地形  沢登り  熊鈴  Bass  スマートフォン  Backpacker誌  クラブ活動  高尾山  クライミングギア  登山用品店  ゲーム  表示テスト  山道具探しの旅  茸  アートワーク  パンダ  堕天使  絶体絶命  はい!きん、ぐぅ~  アウトドアビジネス  フードウェア  エネルギー切れ  登れない山  まちづくり  カルピス  趣味カテゴリ  リベンジ  都市計画  キツネ村  恥ずかしい失態  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  アート  未踏峰  山小屋サミット  MFM  二百名山  けろっぴ  ダウンテンポ  奥武蔵ラビリンス  海外の山  ガチャピン  登山届  日本の詩  ヒップホップ  はぐれ低山  Youtube  スタイル  ソロキャンプ  山と犬  イヤホン  散策  超低山  百名山 

月別アーカイブ

上に戻る