HAGLOFS Puls Thermo Running Tights

『タイツァー』とはタイツを履く人をいう。私は今までタイツを履くことはなかった、それは「江頭2:50」に対する尊敬の念で、軽い気持ちで模倣する事に抵抗を感じていたからだ。それから厳しい修行の末、私はジャンプスキルを身につけた。今なら履ける!そしてぴょんぴょん飛び回ることができる!
HAGLOFS Puls Thermo Running Tights
ということでタイツを買った。防寒用のインナータイツは持っているが、パンツとして購入するのは初めてとなる。

山ノボラーから山ランナーまで広く愛されているタイツ君ですが、ここまで人気がある理由は私には理解できない。やはりエガちゃんが関係しているのか?彼のようになりたい?でも山頂でエガポーズをしている人は見たことがない。

タイツはスタイリングが難しいアイテムで、うまく着こなさないと『変わった人』に見えてしまう。ノボラーファッションだと、レイヤリングして上にショートパンツを履くのが定番だ。ランナーの場合もショーツを上に履いている人が多いが、パンツ無しの人も多い。
私はレイヤリングファッションが嫌いなので履くならパンツ無しのエガスタイルで履きたい、上半身は裸でも良いが胸毛が無いのとお腹が冷えやすいので上着は着用しておこう。

私は膝のサポートや反発力の増加、フォームの保持といった高機能タイツには興味がない。そこまでガチで走らないし、膝も悪くない、個人的にはそこまでやる必要は無いと考えている。サポート系のアイテムは、慣れてしまうとそれ無しでは歩けなくなってしまう、困難なルートで補助が必要な場合や怪我等調子が悪い時以外は極力使わず、サポートがない状態で歩けるようになった方がスキルは身につくと思う。

これまでタイツに興味を示さなかった理由は、
・もっこりする(o・Θ・o)
・足が短く見える(o・v・o)
・密着しすぎて不快そう(o・ω・o)
などなど、でも昨季フーディニのタイツを見て「タイツってカッコイイかも」と思うようになった。

HOUDINI - Slipstream Winter Tights

フーディニはデザインは良いが品質がイマイチな感じ、山着は手荒く扱える耐久性が必要だ(耐久性で選ぶならpatagoniaが良い)。そしてお高い、2万も出してすぐ毛玉ができたら貧乏な私は泣いてしまう。

他のブランドを調べてみると良さそうなタイツは沢山あった。
以下は候補のアイテム
  • Arc'teryx - Accelero Tight
    Arc'teryxはこれといった特徴がない、生地はウインドストッパーだが少々厚みがあり暑そうな感じがした。
    見た目がイマイチなのでもう少しデザインを工夫して欲しい、お尻に大きな始祖鳥をプリントしたら格好よくなると思う
  • MONTANE- Trail Tights
    MONTANEはいいね、しかし日本で取り扱いがない。。
  • MONTURA - Run Winter Pants
    MONTURAのタイツは昨季モデルから比べると派手さを抑えたデザインとなった、悪くないがもう少しシンプルにして欲しい、真っ黒にしてモンチュラのロゴを添えればいいだけなのに
  • patagonia - Velocity Running Tights
    patagoniaは悪くないが裾にファスナーが無いのでやめた、あと生地が薄い。古いモデルの「Coolweather Tights」は耐久性が高く気になっていた

最終的に選んだのは『HAGLOFS - Puls Thermo Running Tights』
他に「BUNGY II TIGHT」「STEM TIGHT」というタイツもあったが冬用トレランタイツの「Puls Thermo Running Tights」にした。

物は決まっているものの購入するまでが大変だった。写真や素材説明だけではわからない点が多く現物を確認する必要があった。
一つは生地の厚み、薄すぎだと寒い、厚すぎると暑い。もう一つは丈の長さ、タイツなので基本丈は短い、しかし短いとシューズの履き口から雪が入ってしまう、長過ぎるぶんには問題はない。

で、早速確認しに山ショップに行くがどもにも置いていない。吉祥寺のホグロフスショップに無いので、原宿まで行く、しかし旗艦店にも無い・・・フルマークスのショップ(原宿)ならあると思い行ってみたら無い、というかホグロフスはもう扱っていないという事だった(*_*)
何年か前にホグロフスジャパンができてフルマークスは撤退したそうだ、主力ブランドが無くなっしまったのはかなりダメージが大きいだろう。あれだけブランディングに貢献したのに何も残らないのは悲しいね(T ^ T)
現在の主力はノローナっぽいがノローナはホグロフスに近いが少々弱い。あとフーディニも代理店をしてるようだがフーディニは一般受けはしなさそう、はっきり言って高過ぎ、歴史の浅い新興ブランドで特にこれといった技術力があるわけじゃない。アウトドアブランドの評価は技術力であって、デザインや着心地がいくら優れていてもそれに対して大金を払うことはしない(一般的には)。

結局吉祥寺・原宿・新宿の山ショップを回ったがこのタイツに出会えることができなかった。
ここまで探して諦めるのは癪なので、ホグロフスショップで取り寄せてもらうことにした。取り寄せは極力したくない、実際に確認して気に入らなかった時に申し訳なく感じてしまう、しかも売れ線アイテムじゃないからそのままショップで越冬してセール行きになるだろう。

原宿店は遠いので一番近い吉祥寺店に問い合わせて取り寄せてもらう。そして運命の日がやってきた。

ごたいめ~ん(ねるとん)

第一印象は良い。もっとこの人の事を知りたい!フリータイム(試着)で細かいところをチェック、そしてドキドキの告白タイム。

ヤマラ「ネットで見た時から貴方に決めていました!よろしくお願いします!」
店員「ちょっとまった~!」

ウェア HAGLOFS「Puls Thermo Running Tights」

デザイン:★★★★☆
機能性 :★★★★☆
価格  :★★★☆☆
総評:excellent
◎スペック
素材:WINDSTOPPER 3-layer Soft Shell / Polyamide
重量:260 g (M)
サイズ:XS / S / M / L / XL







【気に入った点】
  • 折込タイプの裾ファスナー
    裾幅を広げることができるので通常のパンツのように履くこともできる(見え方)、トレランシューズ以外の靴にもあわせられる
  • 腿のパッチポケット
    この大きさだと使い勝手が良い。冬場はグローブの脱着が多く、グローブの収納に適している(お尻のポッケは小さくて入らない)。
    ※このポケットの中で指を立てればエガポーズの気分を少し味わうことができます(股間に腕を突っ込めないシャイな人用)
  • 耐風・耐水性に富んだウインドストッパー素材
    冬場は風が冷たいのでウインドストッパーが良い、防水性もあるのでオーバーパンツ無しでもラッセルが可能(多少の積雪なら)
  • 表面と裏面で生地素材が異なる
    表はウインドストッパー素材で裏面は通気性がある素材(多少)。これは機能的に優れているだけでなくデザイン的にも優れている。同素材で同色だとさっぱりしていてちょっとダサい。タイツに柄やデザインを施すのは単色がダサいからなのである。
    同じ色でも素材が異なるのでツートンカラーに見える、また同じ色なので品良く見えるのもいいところ(派手な色でトーンに差があるとスポーティに見える)

※プチエガポーズ 「ドーン!」
HAGLOFS Puls Thermo Running Tights
【少々不満な点】
  • 丈の長さ(レングス)
    雪の侵入を防ぐためにもう少し丈を長くした方がいい(写真はローカットですが雪山の場合はダブル構造のトレランシューズを履きます)、私の足が短くなかったら購入していなかったかも(173cm Sサイズ着用)
  • テカリがある
    テカリがあると安っぽく見える(どーでもいい事です)。まぁ、素材的に仕方ない。アークのタイツはもっとテカっていたような気がする

タイツァーとしてマスターすべきポーズ


タイツを着用して山頂でVサインやガッツポーズをする、いえいえタイツァーはタイツァーのポーズを取らなければならない。これらのポーズをマスターしてみんなの視線を独占しよう!
HAGLOFS Puls Thermo Running Tights
  • 押し出しポーズ(画像上段左端)難易度:低
    膝を深く曲げて腕を突き出しましょう、2・3回やれば恥ずかしさは消えます(たぶん)
  • 指差しポーズ(画像上段右端)難易度:中
    「おい!おまえ!」とマナーの悪い人を注意する時に使います、乱闘に発展する可能性がありますので乱用は禁物です
  • 逆立ちポーズ(画像下段左端)難易度:高
    凸凹した山頂での倒立は難しいです、マット等の敷物をひいて安全に行いましょう
  • 突き上げポーズ(画像下段右端)難易度:高
    逆立ちに比べると動作は簡単ですが、強い精神力が必要となります。より美しいポーズを極めるには伸縮性の高いタイツを着用しましょう。拳を突き上げると同時に「ドーン!」と叫びます

 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

コメント

サムネw
ホグロフスに怒られますよ(´∀`)
いやいや、ホグロフサーはカッコイイと思っていますよ。
今後このタイツは問い合わせが殺到しすぐ完売するでしょう(たぶん)
そして、山ではエガポーズをする人が増える(かも)
※確認画面のタイトル・メールアドレスは表示されません(管理者のみ)

管理者にだけ表示を許可する

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  奥高尾  チルアウト  道迷い  幕営山行  雪山山行  自転車山行  りっすんべーす  丘歩き  ディープ  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  丹沢  ウェアブランド  デザイン  テント・シュラフブランド  フットウェア  小物ブランド  裸足  ウェア  山と音楽  奥秩父  エレクトロ  音楽山行  オぬベ  ランニング  サッカー  トレーニング  小物  Soulful  Garage  ザック  富士山周辺・箱根・伊豆  山動画  尾瀬・日光・北関東  音楽ジャンル  雨山行  google  飯能アルプス  北アルプス  熱中症  南アルプス  上越・西上州  裸足感覚  ディープハイキング  クライミングブランド  東北  フォトムービー  ブログ  駒ヶ岳  時計・計器ブランド  アニマル動画  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  カジュアルハイキング  Electro  Mountainstep  山岳書籍・映画  ハード  企画  自力山行  街散策  8mara-eyes  山ショップ  アルプス  熊  飯能市  藪漕ぎ  模索山行  修行  Hard  ヤマラ仕様  ヤマラ考察  カモシカ山行  大菩薩連嶺  アニメ  なぐるっと  怪我  自転車  雪山装備  多摩丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  街中トレイル  便利かもツール  八ヶ岳  東信  三浦丘陵  多摩川  ミニマルハイキング  良滝  コースタイム計算  クライミング  Techno  お喋り山行  メッツァ  トレランシューズ  デジタルカメラ  富士山麓シリーズ  ヤマノススメ  山小屋白書  Experimental  テントシュラフ  凍傷  プラティパス  登山地図  Downtempo  上越  山行計画  裸  中央アルプス  Firefox  Ambient  メリー歩荷トレ  北関東  Footwork  iTunes  レース  WiMAX  山めし  コーラ  たまリバー  ビブラムファイブフィンガーズ  アウトドアブランド  白山連峰  時計・計器  メリノウール  地形  沢登り  熊鈴  Bass  スマートフォン  Backpacker誌  クラブ活動  高尾山  クライミングギア  登山用品店  ゲーム  表示テスト  山道具探しの旅  茸  アートワーク  パンダ  堕天使  絶体絶命  はい!きん、ぐぅ~  アウトドアビジネス  フードウェア  エネルギー切れ  登れない山  まちづくり  カルピス  趣味カテゴリ  リベンジ  都市計画  キツネ村  恥ずかしい失態  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  アート  未踏峰  山小屋サミット  MFM  二百名山  けろっぴ  ダウンテンポ  奥武蔵ラビリンス  海外の山  ガチャピン  登山届  日本の詩  ヒップホップ  はぐれ低山  Youtube  スタイル  ソロキャンプ  山と犬  イヤホン  散策  超低山  百名山 

月別アーカイブ

上に戻る