Kahtoola Microspikes

昨季はアイゼン不携帯で敗退する事もあり、アイゼンの必要を感じていた。この軽量アイゼンがあれば森林限界以上の圧雪地帯も行ける!(と思う)
Kahtoola Microspikes
ガチ雪山以外はトレランシューズを履いているが、アイゼンは携行していない。この安全意識の薄さのお陰で通過に時間を要したり山頂手前で敗退するなど酷い目に遭っている。
アイゼン不携帯の理由は軽量化だか、不携帯により敗退するとなるとこれは改善しなければならない。

軽アイゼンは6本爪のタイプを持っているがトレランシューズには合わない、トレランシューズに対応したアイゼンといえばKahtoolaの「Microspikes」が有名だ。数年前から購入しようと考えていたが使う機会が無かったので購入はしなかった。
今はこのタイプのアイゼン(ゴム式チェーンスパイク)は色々なブランド(モンベル・オクトス・カシン等)から出ているが、重量は300グラム後半とどこも変わらないのでカトゥーラを選んだ(スノーラインというブランドのアイゼンは235gと抜きん出ていたが機能性が不明だったのでやめた)。

このマイクロスパイクを三鷹のハイカーズデポで購入したが、これとグリベルのスパイダーでかなり悩んだ。
スパイダーは土踏まずに装着するタイプのアイゼンで、マイクロスパイクは一般的な足全体に爪があるタイプとなる。

アイゼンは使用箇所が限られていているので携帯性を考慮すると軽い方が良い。スパイダーが150gでマイクロが358g、200gの違いはでかい。水200mlなら大差なく感じるが、カラビナ7枚と考えると大きな違いだ。

ただ自分が必要としている状況だと、スパイダーはちょっと頼りない。
雪山でもフラット歩行をしているが、急勾配だと前面に重心がかかるのでこのタイプだとグリップが弱くなってしまう。また緩勾配や平坦でも前面が流れてしまう事がある(特に走る場合は)。
あとは岩場、雪が軽く付いている状態だと前面に爪がないと引っ掛けられない(といってもマイクロのような簡易アイゼンでも厳しいのでそのようなルートは通常の10本か12本の前爪タイプが必要)。
スパイダーでもし敗退や滑落するような事が遭ったら後悔するだろう、やはり装備は安全性で選んだほうが良いという結論に至りマイクロを選択した(2つ購入して用途に合わせて使い分けるのもあり)。

店員に助言をもらおうと思ったが上手く伝わらなかった(≧∇≦)
私のやっていることは基本とは異なり端的に説明することが出来ない、その為質問を理解してもらえず欲しい答えが返ってこない事が多々ある・・・
私の用途を伝えたが返ってきたのは簡易アイゼンの一般的な説明だった。
「それは解る、聞きたいのはこのアイテムのポテンシャル(限界値)なのだ」

「スパイダーでも余裕ですよ!」と言われたらスパイダーにしていたが、否定的な回答と上記の理由でやめた、意図した回答ではないがそう言われると不安になってしまう。

グリベルのスパイダーは、ハイカーズデポでは走るには適していないと言われたが、石井スポーツではトレランシューズに付けてあった。
土踏まずタイプなのでロス(踏ん張りがきかない)をするので基本的にトレランには合わなそうだけど、部分的に凍結している程度の状態だとこれでもいいのかもしれない。但し装着がベルトなので硬いシューズじゃないと締め付けで痛くなりそう。

ともあれ、このアイゼンで森林限界の壁は突破できそうだ。金峰山のリベンジでもしてみようかな。

クランポン Kahtoola 「Microspikes」

デザイン:★★★★★
機能性 :★★★★☆
価格  :★★★★☆
総評:excellent
◎スペック
素材 : ステンレス・シリコン合成ゴム
重量 : 358g(Mサイズ)
サイズ : S22.5~25cm、M25~28.5cm、L28.5cm~
タイプ : 全面の8本爪(爪の長さは1cm位)
※別売りで専用の袋あり





デザインは形や色のカッコ良さというより機能美として★5にしました。新しいアイゼンの形を作り出した発想力が素晴らしい。色は赤以外に黒バージョンもあるようです(Kahtoolaのサイトに掲載)、黄色や赤以外の色物のシューズは黒のほうが似合うかもしれません。

機能性はとりあえず「軽い!」
脱着は伸縮性のあるゴムなので結構楽です。またその伸縮性のお陰でホールド感も意外としっかりしています。
低温の場合は硬化したりヒビ割れするのだろうか?

追記:雪山で使用してみた感想


簡易アイゼンなのでアイゼン(クランポン)としての機能は低い(急登など)。しかし引っ掛かりが弱いというのは利点もあり、雪が少ない場合は普通のアイゼンより歩きやすい。トレースのしっかりしたルートや凍結が多い箇所、沢筋ルート(凍結)だとこのアイゼンは重宝すると思います。

用途は雪の少ない時期(山域)のハイク・登山・トレランで、トレランは必須アイテムかもしれません。
軽くてホールド感が良いのでアイゼンを装着していない感覚で歩けます(走れます)。基本的には付けっぱなしでOKです。
特に下りの使い勝手が良く、ノーマルアイゼンだと隙間や根っこに引っ掛けてしまいますが、このアイゼンだとツボ足に近い状態で歩けます。
雪がほとんど付いていないところでは爪が変形する可能性があるので(軽量素材なので強度はそこまで高くない)、使用は控えたほうがよさそうです。

次季雪用シューズの進展


やっと店頭でスポルティバの「Crossover 2.0 GTX」を確認する事ができた。前モデルの「Crossover」との違いはアッパーの防水性がアップしたのとソールが硬くなった(両方共若干)のとカラーリングという感じでした。全体的に悪くはないがやはりカラーリングが気になる、私としては黄色の部分がどうしても許せない(・へ・)

あと候補となっていたサロモンの「SNOWCROSS CS」も初めて現物を見ることができた。こちらは「Crossover 2.0 GTX」より肉厚で保温性と防水性に秀でている、またソールには鋲(スパイク)が付いているので凍結程度ならアイゼン無しで対応できちゃいます。
肉厚仕様だと多少走破性は落ちるが、保温性が高いのは魅力的な特徴である。このシューズなら2500mくらいの山も行けそうな気もする(軽アイゼンを併用)、でも2500クラスだとピッケルが必須&まともに走れる箇所も無いので、トレランシューズを履く必要はないんだけどね。
また天候や状態(ラッセルの深さ)によっては凍傷になる可能性は高く、強風地帯は軽アイゼンだと無力化するのでやはりトレランシューズだと2000mが限界かもしれない。まぁ、2000mを登れるならトレランシューズとしては十分優れた性能でしょう。

デザインはイマイチだけどこの保温性に優れたシューズが第一候補となった。
他に惹かれるシューズが無ければサロモンにしようかな、試履はしていないので次に足型チェックして問題がなければ購入する予定。
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

コメント

※確認画面のタイトル・メールアドレスは表示されません(管理者のみ)

管理者にだけ表示を許可する

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  テント・シュラフブランド  デザイン  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  ウェア  裸足  奥秩父  エレクトロ  トレーニング  サッカー  音楽山行  オぬベ  ランニング  小物  Soulful  Garage  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  北アルプス  音楽ジャンル  google  雨山行  上越・西上州  熱中症  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  フォトムービー  クライミングブランド  東北  裸足感覚  企画  自力山行  駒ヶ岳  Mountainstep  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  アニマル動画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  Electro  ハード  8mara-eyes  修行  Hard  アルプス  飯能市  藪漕ぎ  熊  模索山行  山ショップ  自転車  なぐるっと  雪山装備  ヤマラ考察  カモシカ山行  ヤマラ仕様  大菩薩連嶺  アニメ  カジュアルハイキング  街散策  多摩川  ミニマルハイキング  東信  三浦丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  良滝  八ヶ岳  便利かもツール  怪我  Techno  テントシュラフ  コースタイム計算  トレランシューズ  デジタルカメラ  山小屋白書  凍傷  お喋り山行  街中トレイル  クライミング  メッツァ  ヤマノススメ  プラティパス  登山地図  Experimental  Downtempo  山めし  熊鈴  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  たまリバー  WiMAX  裸  Footwork  地形  Ambient  時計・計器  Firefox  上越  中央アルプス  山行計画  沢登り  白山連峰  アウトドアブランド  コーラ  メリノウール  メリー歩荷トレ  レース  カルピス  山と犬  高尾山  趣味カテゴリ  日本の詩  ソロキャンプ  けろっぴ  都市計画  まちづくり  はぐれ低山  二百名山  リベンジ  表示テスト  アウトドアビジネス  フードウェア  イヤホン  百名山  散策  ゲーム  スマートフォン  ヒップホップ  堕天使  超低山  Youtube  MFM  アートワーク  海外の山  パンダ  エネルギー切れ  未踏峰  アート  奥武蔵ラビリンス  山道具探しの旅  はい!きん、ぐぅ~  茸  登山届  クライミングギア  Backpacker誌  絶体絶命  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  ガチャピン  山小屋サミット  ダウンテンポ  登れない山  恥ずかしい失態  登山用品店  スタイル  キツネ村 

月別アーカイブ

上に戻る