飲料水@山

皆さんは山で何を飲んでいますか?
水かスポーツドリンクが定番だと思いますが、私はお子様なのでジュース系清涼飲料水が多いです。山行形態によって飲料水選びは異なりますが、最近はワンデイハイキングなら『カルピスウォーター』が最強だと感じています。
飲料水@山
山を始めた頃は【スポーツ飲料】を飲んでいました。

「とりあえずポカリ飲んどけばいいでしょ」と何も考えず選んでいました。段々と美味しさを感じなくなり今ではすっかり出番が減った、冬場意外の幕営山行の際は粉末を持っていく。
粉末は『アクエリアスのノーマルかビタミンガード』。『ポカリ』の方がエネルギー成分が高そうだが、「ポカリスエットは重い!!」

大塚製薬:ポカリスエット 粉末1L 一袋74g
コカコーラ:アクエリアスビタミンガード 粉末1L 一袋50g

「24グラムの違いはでかい!」
といってもポカリは濃度が高いので薄めると両者同じ位の重さとなる、しかし開封した袋を使いきらずに中途半端に残すのは後々面倒です。かと言ってポカリ粉末を全部入れると甘ったるい、そして24gの差はやはり許せない。

コカコーラ 『アクエリアス』
 美味しさ  :★★★☆☆
 のどごし  :★★★☆☆
 清涼感   :★★★☆☆
 疲労回復効果:★★★☆☆
 適期    :春・夏・秋


最近までの主力は【アセロラ系ビタミン飲料水】でした。

ビタミンCは体力を維持(バテ防止)する効果がある。独特の酸味でスポーツに向いている飲料水に思いがちですが、エネルギーを補給してくれる訳でもなく即効性は低い。毎日摂取して健康維持や美容に効果を発揮する飲料水です。
冬場や気温が低い時にはそれなりに美味しく感じるが、あっつい日には酸味が強すぎで清涼感やのどごしに難あり。また温くなると美味しさ半減し冷凍にも不向きである。

アセロラ系飲料は1リットル100円の奴でも500mlのペットボトルでも特に違いは感じない(実際は成分が大きく異なるが、山で飲む場合は効果の差はほとんど無い)。
『ニチレイアセロラ』は濃度が高く酸味が強い、山だともう少し控えめのほうが良い。
酸味を抑え甘みを加えた『ビタミーナ』がオススメです、飲みやすさと旨味(コク)と甘み(甘すぎない)が疲れた体を癒してくれます。

猛暑の熱中症や脱水症状は【塩系清涼飲料水】が良さげ。
『ソルティライチ』スポーツ飲料に塩分をプラスしたような飲料水(スポーツ飲料の効果は無く味がスポーティーな感じ)、甘さは控えめなので飲みやすい。新しく『ソルティ・ライム』が仲間に加わったので、ライチかライムかはお好みでどうぞ。

キリン 『ビタミーナ』
 美味しさ  :★★★★☆
 のどごし  :★★★★☆
 清涼感   :★★★☆☆
 疲労回復効果:★★☆☆☆
 適期    :春・秋・冬


そして今ハマっているの【カルピス】です。 「私も、好きだから。」

カルピスでも『カルピスウォーター』限定で、『濃縮カルピス』や『カルピスオアシス』はダメです。『カルピスオアシス』はスポーツ飲料っぽくてカルピス独特の味わいが薄い。『濃縮カルピス』は調合が難しい、たぶん正しく調合してもカルピスウォーターの味にならない気がする(カルピスウォーターには隠し味がある、水の違い?)。
また『味付きカルピス』『カルピスフルーツパーラー』も山ではNGです(あまおう練乳仕立ては美味かった)。

すっきりとした味わい、甘すぎず飽きのこない味で若男女問幅広い世代から愛されるカルピス。似ている製品はたくさんありますが、どれも雑味があってカルピスには遠く及ばない。

しかし、あまりの美味しさに必要以上にゴクゴク飲んでしまい消費が激しいというデメリットがある(´・ω・`)
また猛暑で温くなると味が落ちる、冷凍も出来ない、コスパが悪い、容器や漏れるとベタベタになる。。

カルピス 『カルピスウォーター』
 美味しさ  :★★★★★
 のどごし  :★★★★☆
 清涼感   :★★★★☆
 疲労回復効果:★☆☆☆☆※
 適期    :春・秋
※糖分で少し疲れがとれるので星1.5

瓶コーラじゃないけど、容器によって味が変わるのは何故なのだろう?
プラティパスに入れたカルピスウォーターと製品ペットボトルだと結構味が変わるんです、これは視覚と意識(思い込み)の問題でそう感じるのだろう。人間は見慣れているものに安心する、もしカルピスウォーターがプラティパスの容器で昔から販売されていたら、プラティパス仕様の方が美味しく感じる。
視覚は大きさで1Lより500mlの方が美味しく感じる、美味く感じるサイズとは現在自分が必要としている量であり、1Lだと多く、250mlだと少なく感じる(コーヒーだと500mlは多すぎるのでカップ一杯分程度の量が美味しく感じる)。
500mlペットボトル(製品)>>ステンレス製ボトル>プラスチック製ボトル>プラティパス系ボトル

以上が私のオススメ飲料水となりますが、まぁ妥当なのは『水』です、自分の好きなミネラルウォーターが一番かもしれません。

『水』
 美味しさ※ :★★★★☆
 のどごし  :★★★☆☆
 清涼感※  :★★★★☆
 疲労回復効果:★☆☆☆☆
 適期    :春・夏・秋・冬
※疲労度や気温によって味は異なる


ちなみに冬場に関しては『ほうじ茶』一択です。
ほうじ茶が最強です。煎茶・番茶・烏龍茶・玄米茶・紅茶と色々試してきましたが、ほうじ茶が一番美味い。成分は不明です、大好きなので家でも毎日飲んでいます(^O^)

真夏の低山ハイクは冷凍ペットボトルがオススメです。
濃度が低いものは凍らせると味気ないので、果汁100%の冷凍仕様ボトルが良いです、少し溶けたシャーベット状が食べ頃です(あまりの美味しさに完飲して水分が無くならないように)。
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

コメント

※確認画面のタイトル・メールアドレスは表示されません(管理者のみ)

管理者にだけ表示を許可する

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  テント・シュラフブランド  デザイン  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  ウェア  裸足  奥秩父  エレクトロ  トレーニング  サッカー  音楽山行  オぬベ  ランニング  小物  Soulful  Garage  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  北アルプス  音楽ジャンル  google  雨山行  上越・西上州  熱中症  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  フォトムービー  クライミングブランド  東北  裸足感覚  企画  自力山行  駒ヶ岳  Mountainstep  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  アニマル動画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  Electro  ハード  8mara-eyes  修行  Hard  アルプス  飯能市  藪漕ぎ  熊  模索山行  山ショップ  自転車  なぐるっと  雪山装備  ヤマラ考察  カモシカ山行  ヤマラ仕様  大菩薩連嶺  アニメ  カジュアルハイキング  街散策  多摩川  ミニマルハイキング  東信  三浦丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  良滝  八ヶ岳  便利かもツール  怪我  Techno  テントシュラフ  コースタイム計算  トレランシューズ  デジタルカメラ  山小屋白書  凍傷  お喋り山行  街中トレイル  クライミング  メッツァ  ヤマノススメ  プラティパス  登山地図  Experimental  Downtempo  山めし  熊鈴  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  たまリバー  WiMAX  裸  Footwork  地形  Ambient  時計・計器  Firefox  上越  中央アルプス  山行計画  沢登り  白山連峰  アウトドアブランド  コーラ  メリノウール  メリー歩荷トレ  レース  カルピス  山と犬  高尾山  趣味カテゴリ  日本の詩  ソロキャンプ  けろっぴ  都市計画  まちづくり  はぐれ低山  二百名山  リベンジ  表示テスト  アウトドアビジネス  フードウェア  イヤホン  百名山  散策  ゲーム  スマートフォン  ヒップホップ  堕天使  超低山  Youtube  MFM  アートワーク  海外の山  パンダ  エネルギー切れ  未踏峰  アート  奥武蔵ラビリンス  山道具探しの旅  はい!きん、ぐぅ~  茸  登山届  クライミングギア  Backpacker誌  絶体絶命  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  ガチャピン  山小屋サミット  ダウンテンポ  登れない山  恥ずかしい失態  登山用品店  スタイル  キツネ村 

月別アーカイブ

上に戻る