南アルプス 鳳凰三山(白鳳峠から下山) by 車

初登りからやってしまいました。南アルプスを3日かけて縦走する予定が疲れてしまい二日目に下山、、重荷耐性を考慮せず計画したのが失敗でした。。ボッカトレやっとけばよかった(T_T)
南アルプス 鳳凰三山(白鳳峠から下山) by 車
北アルプスは相変わらずの天候のため、南アルプスの縦走を計画した。
北側の主要の山々を縦走する『甲斐駒・仙丈・間ノ岳・北岳』を考えてみたが、どうも綺麗なルートにならない(甲斐駒のピストン)。黒戸尾根から入ると夜叉神から戻るのが面倒だ。何か良いルートはないか??

鳳凰三山を追加すれば綺麗なルートになるではないか!

甲斐駒の繋がりが少々悪いけどピストンをしないで登れ、しかも夜叉神に戻ってこれるので下山が楽だ。
ルートを作成してみると総距離・累積標高が高く厳しいが何とか行けそうだ。後はトレース次第、仙丈~三峰の仙塩尾根は多分トレースが無さそうだが下りなのでワカンを使えば何とかなるだろう、でも雪の状態によってはハマりそうなので予備日を一日取る。

・一日目 鳳凰三山~アサヨ~駒津峰~甲斐駒~北沢峠
・二日目 北沢峠~仙丈ヶ岳~三峰岳
・三日目 三峰岳~間ノ岳~北岳~(吊尾根)~夜叉神

(無謀な)計画ルート

より大きな地図で 無謀計画 を表示

二泊三日+予備一日で装備を準備し詰め込む。

そして楽しい縦走が始まった、、と思ったらすぐ終わった。。

荷物が重すぎた!そして昨年度からの胃痛が重なり一日目でバテた。胃の調子はすぐ回復しないので適当な場所で幕営し、次の日に夜叉神に下山した。

【敗因】
・ボッカトレ忘れ
20~30キロで一日でもトレーニングしておけば違った、昔は長期冬山に入る前は必ずやっていたのに、今回は忘れていた。ワンデイ山行の軽い荷物で歩くのに慣れ過ぎて体が拒絶反応を起こした。「ええーマジっすかー、これ重すぎっしょ、やってらんね」

・荷物の軽量化
18キロ位だったのでそこまで重くはないが、もう少し軽量する余地があった。ガスは一日一缶(225g)計算と暖房つけっぱなしを想定していたが、南アルプスの単独山行なら一日半缶でも行ける、食料も少し多すぎた。

・健康管理
ここ半月胃もたれが酷い、普段の食生活を改善し早く治そう。(たばこはやめんよ)

山行記録


五時頃夜叉神に到着(雪なし凍結なし)。ゆっくり準備して六時前に出発。
ずっしりとした荷の重さは感じないがペースが上がらない、久々の重い荷物に体が動揺しているようだ。夜叉神峠小屋を超えると少し急な登りとなる。うーん結構キツイ、普段のペースで歩けない。
南御室小屋に到着、ここまで約3時間。悪くないタイムだがこのペースだと北沢峠に着くのは日の入り時刻になってしまう。



体が荷物の重さに慣れ始めたのでペースアップをしようと思ったら、胃の調子が悪い。。南御室小屋で採った行動食で胃が消化不良を起こしているようだ。胃痛でまともに登れないので胃薬を服用、痛みは収まったが息切れが激しい。
森林限界を超えると眺望に優れた綺麗なルートが展開する、呼吸を整えながら歩きやっと薬師岳に到着する。南御室小屋~薬師岳までは二キロの距離なのに一時間半もかかってしまった(-_-;)




時間が大幅に遅れたので焦る(・・;)
景色を楽しむ余裕が無いので、次の目的地を目指す。観音岳までは10分で行けそうな距離だが30分もかかる。現時点で地蔵岳に着かなければ今日のルートを踏破する事は難しい。



赤抜沢ノ頭は近くに見えるが手前にアップダウンがあり、意外に時間がかかる。急ぎたいが体は動かず結局一時間近くかかる。。
これはルート変更するしかない、現在の体調でアサヨ・甲斐駒は登ることができない。
途中で回復すれば仙水峠、ダメそうなら早川尾根小屋を幕営地としよう。
時間に余裕ができたので、地蔵岳に登る事にする。
地蔵が並べれれている所から岩稜となり中々険しいルートだ。山頂のとんがり手前5メートルまで登るとフィックスロープが垂れているのが見えた、しかし古びたロープで信用できない。左に回って別のルートを探すが見当たらない。

ナニコレ?登れない山なの?

体調不良の中頑張ってここまで来たのにピークを踏めないとは腹立たしい、しかしあのフィックスは使いたくないし、クライミングをする余力も無い。やるせないが山頂は諦めることにした。



この先はトレースが薄いのでアイゼンを履く、しかしトレースは『薄すぎた』、逆方向の一人分のトレースしか無かった。オイオイ年末年始の連休になぜこのルートを登ろうとしない!!全く無いより一人分でも有難いのだが、風で埋まっているのでラッセルを強いられる。
『ズボボ・ズボボボボ』泣ける、辛い状況に追い打ちを掛けるラッセル。あんなに近くに見える高嶺のピークが遠い。。。



超低速カメモードで何とか高嶺に辿り着いた。




現在二時半、これは早川尾根小屋で幕営するしかない。
ここからは下りなので三時半には着くだろう・・・しかし下りなのにペースは上がらない。雪があまり付いていないのでデコボコして歩き難い、最後の白鳳峠から登りがあるのでアイゼンをここで外すのは面倒だ、ガリガリさせながら下りる。
ペースの上がらない下りで不満を貯めていると、アイゼン(前爪)を引っ掛けてしまい前かがみに転倒してしまう。

『ガッツーーーーん』

頭を石にぶつける、かなり強打したので大出血したと思ったら血は出ていないようだ。ホッとした、ぶつけた石が平らだったからよかったが、鋭利な石なら動脈出血していただろう。
こんな誰もいない場所でピューピューと血を流し、止血して一夜を明かす。次の日も誰も来ず放置プレイ、、仕方なく頭を赤くして広河原に下りる。いや、動脈やられたら歩けないだろう。

12本爪のクライミングアイゼンなので返しがあり前が引っかかりやすい。積雪の少ない箇所や沢筋の凍結路は10本か軽アイゼンの方がいいね(私のアイゼンワークはレベル1です)。

「もう帰りたい、白鳳峠から広河原に下りてもいいんじゃないか」と疲労・遅延・転倒から私はもう登る気力が無くなっていた。
転倒に注意しながら白鳳峠に到着。白鳳峠には『通行止め』の立て札が、この先の広河原峠までの間で崩落して通行が不能になっているそうだ。


いや~登りたかったのに残念だなぁ~(悔)

広河原まで下りる選択もあったが、下のほうが風が強いのと、この峠は雪がたっぷりあるので水を作るのが楽という事で、今日はここで幕営することにした。


『ワンルーム・ヤマラハウス』に入り、激ウマレモンティーを飲み、水作りをする。
今日は胃痛のお陰で行動食を殆んどとっていなかったので、早いが夕食にする。夕飯はご飯系で定番の五目ご飯と今回はチャーハン(初)を持ってきた。
このチャーハン(α米)はお湯の分量を増やすとスープチャーハンになると書かれていたので、胃の消化の事も考えスープチャーハンにしてみた。15分後完成。スープチャーハンのお味はいかに?

「糞不味い!!!!」

胃の調子が悪い事で敏感になっているので、アルファ米独特の味が口に合わない。
元々アルファ米は大嫌いで、白米におかずをかけて調整したり、味付けの濃い五目ご飯を食べていた。色々な味を試してみたが『五目ご飯>>>白米>>越えられない壁>>それ意外(食べられない)』という結論に至った。
しっかりと味を付けることでアルファ米の不味さを緩和しているのに、スープ状にしてしまうと逆効果で独特の味が残ってしまう。胃の為に無理矢理でも食べておきたかったが四口でギブアップ、、おかずの牛丼レトルトだけ食べて夕飯終了。
寝不足と疲労、やることもないのでシュラフに潜って就寝した。ZZZZZZZzzzzz

(二日目)
爆睡し五時頃に起きた。長時間の睡眠をとったが疲れが取れていない。胃の調子も変わらずもたれているので、広河原から甲斐駒か仙丈のピストンは止めて、夜叉神に戻ることにした。
食欲不審だが胃が空っぽなので何か詰め込まないとイカン。
夜はご飯、朝は麺類という献立で今回はラーメンを持ってきた。一袋二百円する高級袋ラーメン「白樺山荘 味噌ラーメン」、繊細な味しか受け付けない胃の状態だが、これなら食べられそうだ。
コトコト煮こみスープをかけて完成。コシのある麺に濃厚なスープ『中々美味い!』、胃に優しいスープでは無いが、味気ない物を無理やり押し込むより、もたれても美味いものが食べたい。スープまで完食してしまった(いつもは麺食べたら捨てる)。

今日は下るだけなので、ゆっくり準備して七時半に撤収完了。


広河原までは距離も短いしすぐ下りれると思いきや、意外に時間がかかる。
雪が少ないガレ場から樹林帯に入ると雪深くなり埋まる埋まる、、テープを追って夏道を進んだのでトラバースが多く、トレースが無いと歩き難い(真っ直ぐ尾根を下ればよかった)。
トレースは逆方向に一人分あるが、殆んど消されていてあまり恩恵を受けられなかった。それにしてもトレース無しでこれを登るのは相当キツかっただろう。広河原から白鳳峠・高嶺・地蔵岳まで5キロ程度の距離だがラッセル続きだと半日以上かかるだろう。



朝イチなのに息が切れる、埋まってハマってボケーとのんびり下っていたら2時間もかけてしまつた(2キロの下りを)。雪山は手強いぜぃ。


林道で休んでいると、保護団体の方々が数名やってきた。年始から鹿猟とは相当深刻化しているんだな、北岳の高山植物を守る為に鹿を駆除する、う~ん人家の被害は理解できるが高山植物に興味が無い私には、エゴな行為に見えてしまう。

あとは林道を戻るだけ、南アルプス林道(夜叉神~広河原)・南アルプス公園線(奈良田~広河原)どちらを歩こうか?
地形的に南アルプス公園線の方が距離が短く感じたので調べてみた。
南アルプス林道:9.6キロ(広河原~鷲ノ住山登山口)
南アルプス公園線:8.2キロ+1キロ(広河原~鷲ノ住山~鷲ノ住山登山口)

距離はほぼ同じ、鷲ノ住山のアップダウンがあるので体力的には南アルプス林道の方が楽という結果。林道嫌いで登山道を楽しみたい人は南アルプス公園線がオススメ。

奈良田の道は冬季数回歩いたことがあるので、南アルプス林道を歩く。
トンネルで歌い、北岳・仙丈・間ノ岳を眺めながらひたすら歩く。平坦な道なのに荷が重く感じ疲れる。






最後のながーいトンネルを超えて夜叉神駐車場に到着。
下山したら食欲が回復してきたので、帰りにとんかつを食べて帰宅した。
今回も失敗続きの散々山行となったが、無事帰られて良かった。慣れないテント山行は荷重でペースが上げられないのでストレスが溜まる。
お泊り冬山はトレース状態・荷重でペースがつかめないので、余裕ある計画を立てないとイカンね。

南アルプス 鳳凰三山

景観  :★★★★★
ルート :★★★★★
体力  :★★★★☆
継続性 :★★★★☆※
アクセス:★★★★☆※
総評:excellent



※現在白鳳峠~広河原峠間が崩落で通行止め、別ルートを開拓すればアサヨ・甲斐駒の縦走が可能
※電車の場合、バスある?(タクるしかない?)

景観良好、南アルプス(南側)・富士山・八ヶ岳の景色を楽しめます。ルートはゆったり高度を上げていくので歩きやすい。
地蔵岳より西側は人気が無くトレースはありません。。年末年始くらい登りましょう!!

タイム・ルート


【一日目】
夜叉神駐車場(5:50)~夜叉神小屋(6:30)~南御室小屋(9:00)~薬師岳(10:40)~観音岳(11:10)~赤抜沢ノ頭(12:20)~地蔵岳(12:40)~赤抜沢ノ頭(13:00)~高嶺(14:20)~白鳳峠(15:20)
【二日目】
白鳳峠(7:40)~広河原登山口(9:30)~夜叉神駐車場(13:40)


より大きな地図で 鳳凰三山 を表示

距離:29.694km
累積標高(+):2328m
累積標高(-):2308m

今日の装備(18kg位)





冬場の定番行動食はかりんとう・ぬれおかき・チョコ、カルパスは通年、あとアンパンも良く持っていきます。
日別の袋にこれらを混ぜ入れ、適当にボリボリやっています。

その他の写真


20140103

 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

コメント

※確認画面のタイトル・メールアドレスは表示されません(管理者のみ)

管理者にだけ表示を許可する

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  テント・シュラフブランド  デザイン  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  ウェア  裸足  奥秩父  エレクトロ  トレーニング  サッカー  音楽山行  オぬベ  ランニング  小物  Soulful  Garage  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  北アルプス  音楽ジャンル  google  雨山行  上越・西上州  熱中症  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  フォトムービー  クライミングブランド  東北  裸足感覚  企画  自力山行  駒ヶ岳  Mountainstep  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  アニマル動画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  Electro  ハード  8mara-eyes  修行  Hard  アルプス  飯能市  藪漕ぎ  熊  模索山行  山ショップ  自転車  なぐるっと  雪山装備  ヤマラ考察  カモシカ山行  ヤマラ仕様  大菩薩連嶺  アニメ  カジュアルハイキング  街散策  多摩川  ミニマルハイキング  東信  三浦丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  良滝  八ヶ岳  便利かもツール  怪我  Techno  テントシュラフ  コースタイム計算  トレランシューズ  デジタルカメラ  山小屋白書  凍傷  お喋り山行  街中トレイル  クライミング  メッツァ  ヤマノススメ  プラティパス  登山地図  Experimental  Downtempo  山めし  熊鈴  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  たまリバー  WiMAX  裸  Footwork  地形  Ambient  時計・計器  Firefox  上越  中央アルプス  山行計画  沢登り  白山連峰  アウトドアブランド  コーラ  メリノウール  メリー歩荷トレ  レース  カルピス  山と犬  高尾山  趣味カテゴリ  日本の詩  ソロキャンプ  けろっぴ  都市計画  まちづくり  はぐれ低山  二百名山  リベンジ  表示テスト  アウトドアビジネス  フードウェア  イヤホン  百名山  散策  ゲーム  スマートフォン  ヒップホップ  堕天使  超低山  Youtube  MFM  アートワーク  海外の山  パンダ  エネルギー切れ  未踏峰  アート  奥武蔵ラビリンス  山道具探しの旅  はい!きん、ぐぅ~  茸  登山届  クライミングギア  Backpacker誌  絶体絶命  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  ガチャピン  山小屋サミット  ダウンテンポ  登れない山  恥ずかしい失態  登山用品店  スタイル  キツネ村 

月別アーカイブ

上に戻る