奥武蔵 天覧山踏破!(伊豆ヶ岳まで) by 電車

またやってしまつた。。二回もルートミス、二度目は彷徨って何とぐるりと回って二周もしてしまったぁぁああ。軽いトラウマになり分岐が恐くなってきた、今年は読図スキルを身につけよう(^ω^)
奥武蔵 天覧山踏破!(伊豆ヶ岳まで) by 電車
登り納めは奥武蔵、年末年始で槍ヶ岳のバリエーションを計画していたが、冬型全開で雪崩&猛ラッセルの苦行山行となるため延期した。
ルートは飯能から天覧山から伊豆ヶ岳の縦走、街中から徐々に高度を上げて行く楽しげなルートだ。

朝六時に飯能駅到着、GPSの電源を入れるが中々衛星をキャッチしない、凍えながら待っていると腹痛が・・「またかよ、、」でもスタート前で良かった。
駅のトイレでスッキリするが、GPSは寒さのせいかまだ補足出来ていない、補足に時間がかかり六時半に出発する。
能仁寺の脇の登山口から少し登ると山頂に着いた。『早っ』
山頂は、今年最後のご来光を拝みに沢山の人で賑っていた。この光景に感動した。ふれあいの場・展望台として街の一部として溶け込み愛される山、
「うーん、いいね!!」


ゆったり登山道を進むと多峯主山に到着、この山の景観も素晴らしい!近くに手軽に登れる山がある飯能市民が羨ましい。


ここで一回目のルートミス。。
間違えて高麗駅方面に下りてしまい住宅地に出てしまう、住宅地からショートカットしようとするが道がないので仕方なく多峯主山に戻る。


山頂付近の道標にはエアリアに記されている大黒山や久須美の表記が無い、御嶽八幡神社方面に下り分岐の先に『久須美坂』の道標を発見する。


久須美坂方面に進むと道路に出た、右に曲がり数百メートル先の登山口を入る。


住宅地の脇の登山道を進むとのっぺりとしたピークに着いた。ケルンの道標には『天覚山・久須美坂・公園広場』と書かれている。


『私はここを天覚山と勘違いした』

道路付近が久須美でここが天覚山か。距離的におかしいと気付く筈だが私はここが天覚山と決めつけた。
なぜそんなミスをしたかと言うと、天覧山と同じ『天』が付く山、きっとこの天覚山も住宅地に接したお手軽な山だろう。と地形度外視で勝手に決めつけてしまったのだ(-_-;)

思い込みとは恐ろしいものです。ここからヤマラの大冒険が始まった。
「方角的にはこのまま直進だ」ケルンを真っ直ぐに進む。右の尾根を下る、方角がおかしいと思いながらも突き進む、途中ネット(私有地?)で登山道が途切れる、進路を変え進んでいくと住宅地にでてしまう・・・


あれ?線路が見えるぞ?天覚山から線路に出るという事はこの尾根を下りてきたのか、南側の尾根に取り付き修正しよう、林道を進むと途中で林道は終点となった。



「おやや?」地図だとこの林道は前坂まで続いているのに、、
修正するため南側へ進路を取る、道無き道を進み尾根上に出る、尾根伝いに進んでいくとまた林道に出る、、あれこの景色さっき見たような・・・


『やっぱここか○| ̄|_』



あれだけ苦労して進路修正したのに、、もう歩きたくない。。遭難時に同じところをグルグル回るという行動はこーゆー心理なのか、この異常ながっかり感は確かにヤバイです。
完全に場所を見失っている、ここは何処なんだろう?
先のポイントを天覚山と認識している為、どうしてもこの状況が理解できない。さっきの尾根の途中にワープゾーンがあって意図的に戻されているんだ、これは宇宙人の仕業だ。
次は方角を変えて登って行くと、登山道が現れた(^O^)その先には

『またオマエか○| ̄|_』



『前進』は間違いで『右』は山が無いという事は『左』が正解か?(ヤマラ流ルーファイ奥義「消去法」)
暫く進むと分岐が現れた、その概略図を見てやっと現在地を把握することができた。ここが久須美か・・・

かなり無駄に時間を使ってしまったが、時間に余裕があるので予定通り伊豆ヶ岳を目指す。本当の天覚山は天覧山とは比べ物にならない位厳しい山だった。445メートルと標高は低いが、久須美からはアップダウンが続き東峠から急登となる。山頂の展望は良好、この急登で山頂が視界不良だったら気分的に辛くなっていただろう。



大高山を経て前坂へ、相変わらずのアップダウンコースで大高山からの下りが特に急だった。前坂からスルギ方面に進む。
途中尾根上に進めなくなり(通行止め)一旦林道に出た、林道を進むとすぐ取り付き点があり尾根道に戻ることができる。



前坂~スルギは踏み跡はしっかりしていて明瞭。景観はあまり良くない(暗い)、細かいアップダウンが続くが巻道があり、殆んど巻道を使った(綺麗な尾根道なら歩くけど)。
滝不動への下りが急だった(登山道外れていたかも)、滝不動から少し道路を上がると子の権現の登山口となる。



ここからの登りは辛い、足の疲労も溜まり子の権現まではスローペース。子の権現の『にっこり地蔵』で癒され、その先は筋力が少し回復した。


天龍寺から再びアップダウンのきついコースとなる、「うぅ、もう登りだけにしてくれ」
『げんきにあるこう』に癒され、また回復する。



高畑山から見えるあの山はが古御山か?地図上にはその先に伊豆ヶ岳があるがその先は見えない。直下の登りが急だ、、「この山は伊豆ヶ岳に違いない!」そう思い急登を登った。


標識には『古御山』と・・・まだ先があるのか。。
古御山は立派な山容で眺望も伊豆ヶ岳より優れてる。それにしてもエアリアに記されている高畑山~古御山間が30分って間違いだろ、体調が優れていてもこれをハーフタイム(15分)で登れるとは思わない、昭文社しっかりしろ!!


伊豆ヶ岳までは楽な登りだった、沢筋コースを下り伊豆ヶ岳登山口に下山した。



総距離は31キロだけど累積標高が2800メートルと高いせいで疲労度満点のルートでした。ルートミスで心身やられたのが原因ですな。
ルートがおかしいと思ったら、地図とコンパスと目標物から現在地を把握しましょう。思い込みは危険です、客観的に考え位置を探しましょう。


奥武蔵 天覧山~伊豆ヶ岳

景観  :★★★★☆
ルート :★★★★☆
体力  :★★★★★
継続性 :★★★★☆
アクセス:★★★★★
総評:excellent



迷いまくりで散々な目に遭いましたが、かなり良ルートです。
線路またいだ北側の日和田~丸山ルートより景観・ルートとも段違いに優れている。
アップダウンが相当キツイので無理をせず計画的に歩きましょう。体調が悪くなってもエスケープルートが抱負なので安心です。

【間違えやすい箇所】
・多峯主山から久須美(御嶽八幡神社方面に下り久須美坂へ下る)
・277.5のピーク(ケルンを左)
・前坂の先(ハイキングコースを進み林道へ一旦下りる)
その他は後は明瞭で解りやすいです。

タイム・ルート


飯能駅(6:30)~天覧山(6:50)~多峯主山(7:00)~(迷って戻る)~多峯主山(7:40)~277.5(8:10)~ (彷徨って戻る)~277.5(9:50)~天覚山(11:00)~大高山(11:40)~前坂(12:00)~スルギ(12:50)~子の権現(14:00)~天目指峠(14:30)~高畑山(15:00)~古御山(15:30)~伊豆ヶ岳(15:50)~正丸駅(16:30)


より大きな地図で 飯能駅~伊豆ヶ岳 を表示

距離:31.369km
累積標高(+):2820m
累積標高(-):2694m
※ルートミス含む
※GPSの電池切れで一部データが取れなかったので他の人のデータを挿入

その他の写真


20131231

 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
多峯主の山頂と下りた所に『久須見・天覚山方面』という道標が
あるとありがたいんですがね。
まぁ、縦走する人が少ないから不必要と判断しているのでしょう。

奥武蔵はうねうねしたコースが多いので毎回泣かされます(TдT)
※確認画面のタイトル・メールアドレスは表示されません(管理者のみ)

管理者にだけ表示を許可する

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  テント・シュラフブランド  デザイン  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  ウェア  裸足  奥秩父  エレクトロ  トレーニング  サッカー  音楽山行  オぬベ  ランニング  小物  Soulful  Garage  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  北アルプス  音楽ジャンル  google  雨山行  上越・西上州  熱中症  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  フォトムービー  クライミングブランド  東北  裸足感覚  企画  自力山行  駒ヶ岳  Mountainstep  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  アニマル動画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  Electro  ハード  8mara-eyes  修行  Hard  アルプス  飯能市  藪漕ぎ  熊  模索山行  山ショップ  自転車  なぐるっと  雪山装備  ヤマラ考察  カモシカ山行  ヤマラ仕様  大菩薩連嶺  アニメ  カジュアルハイキング  街散策  多摩川  ミニマルハイキング  東信  三浦丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  良滝  八ヶ岳  便利かもツール  怪我  Techno  テントシュラフ  コースタイム計算  トレランシューズ  デジタルカメラ  山小屋白書  凍傷  お喋り山行  街中トレイル  クライミング  メッツァ  ヤマノススメ  プラティパス  登山地図  Experimental  Downtempo  山めし  熊鈴  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  たまリバー  WiMAX  裸  Footwork  地形  Ambient  時計・計器  Firefox  上越  中央アルプス  山行計画  沢登り  白山連峰  アウトドアブランド  コーラ  メリノウール  メリー歩荷トレ  レース  カルピス  山と犬  高尾山  趣味カテゴリ  日本の詩  ソロキャンプ  けろっぴ  都市計画  まちづくり  はぐれ低山  二百名山  リベンジ  表示テスト  アウトドアビジネス  フードウェア  イヤホン  百名山  散策  ゲーム  スマートフォン  ヒップホップ  堕天使  超低山  Youtube  MFM  アートワーク  海外の山  パンダ  エネルギー切れ  未踏峰  アート  奥武蔵ラビリンス  山道具探しの旅  はい!きん、ぐぅ~  茸  登山届  クライミングギア  Backpacker誌  絶体絶命  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  ガチャピン  山小屋サミット  ダウンテンポ  登れない山  恥ずかしい失態  登山用品店  スタイル  キツネ村 

月別アーカイブ

上に戻る