ドラムンとダブステのサブジャンル(ヤマラ式)

ヤマラvsサブジャンル。日々サブジャンルと格闘しているヤマラです。
個人的にはジャンルやサブジャンルという物事を括る行為については、興味が無くどちらかと言うと嫌い。
サブジャンル
カテゴライズのデメリットは、広がりを損なうことだろう。細分化すればするほど狭い市場となり、流行りが廃れコアユーザーが中心となれば新規やライトユーザーは排斥され衰退していく。今回のダブステップブームでブロステップが火付け役となりそれ以外のサブジャンルへの喚起をもたらしたのは、サブジャンルを設けず幅広い層にアプローチできた結果であろう。

しかしダブステップというジャンルが統一性のあるジャンルかと思いきや、実は種種雑多で受ける印象も千差万別、これらが同じジャンルというのは少し無理がある(私はブロステ~チルステまで幅広く聴いていた所為で最近やっと共通点を理解できるようになった)。スクリレックスから聴き始め、他の曲を聴いてみたら曲調が色々ありすぎて良く解らない→スクリレでいいや。みたいな流れは多いのではないだろうか?
発展の為にはやはり親切に導いてくれるサブジャンルが必要な気がする。

また何千・数万曲となってくると管理が大変である。
混沌としたダブステブームの為にもサブジャンルを一般化しよーーーーーーー!!

前置きが長くなってしまいましたが、今回は私がどの様にサブジャンルを分けているかを説明します。
ドラムンベースに関しては既存のサブジャンルがあるのでそちらを使っています。プラス、独自にチルアウトというサブジャンルを設けています。これはリキッドファンクというサブジャンルの範囲が広いため、2つに別けました。
ダブステップは上記の通り、公にサブジャンルが存在せず、各々独自のサブジャンルを作り管理しています。私も多すぎず少なすぎずという事で今は4つのサブジャンルを設けています。

サブジャンルの定義は曖昧な部分があり、個々によって微妙に認識が異なります。
私の場合は、テンポとリズムの強弱、リズムの種別によって分けています。

★2013/2/15 加筆訂正

ドラムンベース

【テンポ:速】+【リズム:強】=NF BC [※1]
【テンポ:速~中】+【リズム:強~中】=TS JU [※2]
【テンポ:速~中】+【リズム:強~中】=JU [※3]
【テンポ:中】+【リズム:中】=LF SF [※4]
【テンポ:中~遅】+【リズム:中~弱】=CO [※5]
  1. ニューロファンク・ブレイクコア(ハードステップ)・ダークステップ(定義が曖昧で範囲不明)。ニューロファンクはアップテンポとディープで抑えめ、リキッド調な曲がある
  2. テックステップ。アップテンポとディープ、最近はミニマル・ディープな曲が多い
  3. ジャンプアップ・ジャングル・オールドスクール。ジャンプアップはアップテンポとドープな低音重視な曲に別れる、ジャングルは複雑なリズムが特徴で曲調というより手法的意味合いが強い(曲調が広い)
  4. リキッドファンク・ソウルフルDnB。リキッドファンクはアップテンポとメロディアスな曲、ソウルフルはソウルなドラムン(初期のMakoto等)
  5. チルアウトDnB・IDM・ジャズステップ。リキッドファンクに比べよりメロディアスで静かな曲(音圧弱)、アップテンポでジャジーな曲はソウルフルDnB

ダブステップ

【テンポ:中】+【リズム:強】=HC [※1]
【テンポ:速~中】+【リズム:強~中】=EL [※2]
【テンポ:遅】+【リズム:弱】=DC [※3]
【テンポ:遅】+【リズム:弱】=CO [※4]
  1. ヘビーダブステップ。メタル・ハードコアなダブステップ
  2. エレクトロダブステップ。アップテンポなドラムステップ・ブロステ・グリッチ~ヒップホップ・グライムまで幅広い、EDMやワブル色が強めのダブステップ全般
  3. ドラムステップはダブステップの70か140BPMでドラムン色が強い曲、それ以外のBPM(ドラムン)でも全体的にワブルが強い曲はダブステップのドラムステップとして別けています
  4. ディープダブステップ。ダークな曲~ダブ色が強い曲(Mala等)
  5. チルアウトダブステップ。アンビエントダブステップ・チルステップ・リキッドダブステップ(メロディーライン+エレクトロリズム)・ポストダブステップ・ガラージ・エレクトロニカ

これを図で表すと

ヤマラ式サブジャンル分け


サブジャンル表
※テンポ(BPM)は実際の数値では無く体感テンポ

内側は基本で外枠は範囲、別のサブジャンルと重なる曲は区別が難しく、その時の気分によって分ける(日を改めると違和感に気づきコロコロと変更)。

近い関係
  • アップテンポジャンプアップ≒アップテンポリキッドファンク
  • リキッドファンク≒ソウルフルドラムン
  • チルアウトドラムン≒ソウルフルドラムン
  • ミディアムテンポニューロ・テック≒リキッドファンク
  • ダウンテンポテックステップ≒チルアウトドラムン
  • チルアウトドラムン≒アンビエントダブステップ
  • チルアウトダブステップ≒ガラージ≒エレクトロニカ≒ダブ

 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

コメント

僕はダニーバードの曲を聴いて2年ほど前からDrum & Bassが好きになりました。
Intelligent Mannersのような綺麗な曲だったり、Wilkinsonのようなダークでアップテンポな曲があったりと一口にドラムンベースといっても色々なタイプがありよくわからなかったのですが、このサブジャンル解説を見てとても参考になりました。
コメントありがとうございます!2010年頃のダニーバードは私も大好きでした!
私見なので一般認識とズレている部分もありますので参考程度に捉えてください(ツッコミ大歓迎)。
また曲調は流動的で、現在のテックステップやジャンプアップはディープでゆったりめのテンポが主流になっていたりと、ダブステや他ジャンルの影響を受け常に変化しています(図表のテックステップは過去の物)。
※確認画面のタイトル・メールアドレスは表示されません(管理者のみ)

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://8mara.blog.fc2.com/tb.php/322-ddd14d9c

まとめtyaiました【ヤマラ式サブジャンル分け】
ヤマラvsサブジャンル。日々サブジャンルと格闘しているヤマラです。個人的にはジャンルやサブジャンルという物事を括る行為については、興味が無くどちらかと言うと嫌い。

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  奥高尾  チルアウト  道迷い  幕営山行  雪山山行  自転車山行  りっすんべーす  丘歩き  ディープ  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  丹沢  ウェアブランド  デザイン  テント・シュラフブランド  フットウェア  小物ブランド  裸足  ウェア  山と音楽  奥秩父  エレクトロ  音楽山行  オぬベ  ランニング  サッカー  トレーニング  小物  Soulful  Garage  ザック  富士山周辺・箱根・伊豆  山動画  尾瀬・日光・北関東  音楽ジャンル  雨山行  google  飯能アルプス  北アルプス  熱中症  南アルプス  上越・西上州  裸足感覚  ディープハイキング  クライミングブランド  東北  フォトムービー  ブログ  駒ヶ岳  時計・計器ブランド  アニマル動画  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  カジュアルハイキング  Electro  Mountainstep  山岳書籍・映画  ハード  企画  自力山行  街散策  8mara-eyes  山ショップ  アルプス  熊  飯能市  藪漕ぎ  模索山行  修行  Hard  ヤマラ仕様  ヤマラ考察  カモシカ山行  大菩薩連嶺  アニメ  なぐるっと  怪我  自転車  雪山装備  多摩丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  街中トレイル  便利かもツール  八ヶ岳  東信  三浦丘陵  多摩川  ミニマルハイキング  良滝  コースタイム計算  クライミング  Techno  お喋り山行  メッツァ  トレランシューズ  デジタルカメラ  富士山麓シリーズ  ヤマノススメ  山小屋白書  Experimental  テントシュラフ  凍傷  プラティパス  登山地図  Downtempo  上越  山行計画  裸  中央アルプス  Firefox  Ambient  メリー歩荷トレ  北関東  Footwork  iTunes  レース  WiMAX  山めし  コーラ  たまリバー  ビブラムファイブフィンガーズ  アウトドアブランド  白山連峰  時計・計器  メリノウール  地形  沢登り  熊鈴  Bass  スマートフォン  Backpacker誌  クラブ活動  高尾山  クライミングギア  登山用品店  ゲーム  表示テスト  山道具探しの旅  茸  アートワーク  パンダ  堕天使  絶体絶命  はい!きん、ぐぅ~  アウトドアビジネス  フードウェア  エネルギー切れ  登れない山  まちづくり  カルピス  趣味カテゴリ  リベンジ  都市計画  キツネ村  恥ずかしい失態  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  アート  未踏峰  山小屋サミット  MFM  二百名山  けろっぴ  ダウンテンポ  奥武蔵ラビリンス  海外の山  ガチャピン  登山届  日本の詩  ヒップホップ  はぐれ低山  Youtube  スタイル  ソロキャンプ  山と犬  イヤホン  散策  超低山  百名山 

月別アーカイブ

上に戻る