platypus

皆さん水筒は何をお使いですか?私はカモノハシマークの「プラティパス」を愛用しています。コレを考えた人天才だ!とにかくその汎用性にびっくりです(まぁ枕くらいしかないけど)。使用したことが無い方は是非一度お試しくだされ!
platypus

水筒コレクターヤマラの「迷ったらコレ」水筒編

ヤマラは登山始めた頃は派手なステンレスとかアルミ水筒使ってた。すぐこすれて汚くなって買いなおした記憶がありますわ。幕営用はポリ容器、コレが収納に問題があってザックのスペース占有しちゃってキズも付き易いし使用するに苦労したわさ。
これって代用品も無く我慢して使用していたとき、「platypus」とう画期的水筒に出会った。始めはオイオイこんな軟弱な水筒、山で使えるのか?すぐ穴が空いたり耐久性低くてお手軽キャンプ仕様じゃないの?とその形容からバカにしていたが、まー値段も安いし試しに購入し使って見ると・・・・・・
ナニコレ凄いじゃん!それ以来使っていた水筒達の出番は無くなってしまった(全く使わなくなったので全部処分した)。

水筒 platypus 商品全般

デザイン:★★★★★
機能性 :★★★★★
価格  :★★★★★
総評:excellent


デザイン=シンプルで無駄が無い。
機能=収納(折りたためば薄っぺら、展開時はちょっとした隙間に密着収納)、耐久性、漏れない丈夫な作り、キャップの操作性とすべて完璧。
価格は個人的には安いと思う、ただし無理して使い続けることも可能だが数年で買い換えたほうが良いので金属製と比べるとコストパフォーマンスは劣る。

買い替えの理由としては、どうしても中が汚れてしまい、その洗浄ができない(専用具ある?)とうい点。汚れや臭いなど気にする人は買いなおした方が良いと思う。

取り扱い店の説明で
耐久性に優れた三層ラミネートフィルムとホースの素材は無味無臭で、ハードな使用にも十分対応し、凍結から沸騰までの温度に耐えることができます。

とあるが素材自体は無味無臭だが付着はする。

私は行動用には1Lのものを利用して幕営用には2Lを使っている。
幕営用は水のみとなるが、行動用はお茶やらスポーツ飲料やらジュースやら有味有匂なものを入れるので一日入れておくと夜にはすっかりその匂いが付いてしまうのだ。
次のものを入れてしまえば前のものと混ざる匂いがする訳ではない、よほど匂いや味?が強いものを(どんなものだろ?)入れなければ特に気にする点ではないかもしれない。

最近のはカラフルになってオサレ度がUPしました!
platypus
platypus
1Lはパープルを所有しているのだが、当初は黒が欲しかったんです。黒の在庫が無くて他で買うのも面倒なのでパープルを買ったけど、今はこのパープル買ってよかったと思っている。もともと1Lモデルも2L同様platypusの緑のロゴだけのデザインだったのです、この容器が透明だから敢えて装飾をしなかったと思います。下手に色を付けるとその飲み物のイメージに影響を与えるからなのではないでしょうか(今回のモデルは全面というより底部分に色を付けた程度のデザイン)。
そう考えると黒という選択は微妙のように思えます、黒という色自体清涼感が無いし、黒い飲み物といったらコーラとかコーヒーなど、山の行動用のみものとは合わなそーなイメージですな。
そうなると一番あっているのがブルーでしょうね、写真で並べて見ると一番中の水が美味しそうに感じます。
あとこの1L買うなら写真の簡易キャップ(別売り)がオススメ!歯で上にスライドさせると口が開いて押せば閉まるという楽々操作。特に行動時は開け閉めも多いので一々キャップを開け閉めするのも面倒だしキャップを落とす可能性もあります。

platypus
2Lは大きな変更は無し、テント内ではひんやり枕としてご利用ください。

プラティパスといえば「ハイドレーションシステム」なんですが、登山・ハイキング・クライミング(スピードC除く)とトレラン以外はこの機能は必要ないので特筆することもないかな。
はじめてみたときは「ぼくもチューチューしたいよ~」と速買いしたのですが、一回こっきりでその後使用することはありませんでした。必要な水分の補給を自己管理ができる人には向いているのかもしれませんが、適当にチューチューしてるとあっというまに空になって且つ必要以上に水分を摂取し体にも良くないという悪魔のようなシステムです。
一時期ハイドロブームの時はザックにはパックやらホースを通すための穴だの付いていましたが、最近はそんなザックも減ってきたのではないでしょうか。昔は山で見かけましたが今はランナー以外で使っている人ほとんど見たことないですよ(・ω・)

ハイドレーションは置いといて超軽量コンパクト!プラティパスの容器は使ったことが無い方はこの夏是非お試しくださいませ!!

◎後記
「platypus」で調べてみるとこの名前、実は他でも沢山使われています。
プラティパス=カモノハシということで、そりゃーそんなかわいいネーミング誰でも使いたくなりますよね。
platypus
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

コメント

こんにちは(こんにちワン)ありがとう(ありがとウサギ)
こんばんは(こんばんワニ)さようなら(さよなライオン)
※確認画面のタイトル・メールアドレスは表示されません(管理者のみ)

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://8mara.blog.fc2.com/tb.php/20-06562483

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  テント・シュラフブランド  デザイン  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  ウェア  裸足  奥秩父  エレクトロ  トレーニング  サッカー  音楽山行  オぬベ  ランニング  小物  Soulful  Garage  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  北アルプス  音楽ジャンル  google  雨山行  上越・西上州  熱中症  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  フォトムービー  クライミングブランド  東北  裸足感覚  企画  自力山行  駒ヶ岳  Mountainstep  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  アニマル動画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  Electro  ハード  8mara-eyes  修行  Hard  アルプス  飯能市  藪漕ぎ  熊  模索山行  山ショップ  自転車  なぐるっと  雪山装備  ヤマラ考察  カモシカ山行  ヤマラ仕様  大菩薩連嶺  アニメ  カジュアルハイキング  街散策  多摩川  ミニマルハイキング  東信  三浦丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  良滝  八ヶ岳  便利かもツール  怪我  Techno  テントシュラフ  コースタイム計算  トレランシューズ  デジタルカメラ  山小屋白書  凍傷  お喋り山行  街中トレイル  クライミング  メッツァ  ヤマノススメ  プラティパス  登山地図  Experimental  Downtempo  山めし  熊鈴  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  たまリバー  WiMAX  裸  Footwork  地形  Ambient  時計・計器  Firefox  上越  中央アルプス  山行計画  沢登り  白山連峰  アウトドアブランド  コーラ  メリノウール  メリー歩荷トレ  レース  カルピス  山と犬  高尾山  趣味カテゴリ  日本の詩  ソロキャンプ  けろっぴ  都市計画  まちづくり  はぐれ低山  二百名山  リベンジ  表示テスト  アウトドアビジネス  フードウェア  イヤホン  百名山  散策  ゲーム  スマートフォン  ヒップホップ  堕天使  超低山  Youtube  MFM  アートワーク  海外の山  パンダ  エネルギー切れ  未踏峰  アート  奥武蔵ラビリンス  山道具探しの旅  はい!きん、ぐぅ~  茸  登山届  クライミングギア  Backpacker誌  絶体絶命  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  ガチャピン  山小屋サミット  ダウンテンポ  登れない山  恥ずかしい失態  登山用品店  スタイル  キツネ村 

月別アーカイブ

上に戻る