Trail Bum - WALKER WOOL HOODIE

カジュアルハイキングに適したウェアを手に入れた。山歩きの機能はもちろん、街着としても着られるデザイン性、こんなウェアを私は求めていた。
Trail Bum - WALKER WOOL HOODIE
冬用のオーバーウェアが欲しくなりネットで物色していると、いくつか候補が見つかった。
第一候補のアイテムはAXESQUINの「ヤマニノボッタカモシレナイ rain shell」。ユニークな名前のジャケットは、大正時代や昭和初期の洋服をモチーフにして作らているが、レトロでありながらモダンなデザインが目に留まった。
ただ、フォルムと色が気にかかり決定打とはならなかった(もう少し絞ったテーラードジャケット感と出来れば真っ黒が良かった)。

第一候補を諦めネットを彷徨っていると、変わったシャツを見つけた。ブランドは『Trail Bum』、ハイカーズデポが企画しているブランドだ。
第一印象は「これが山着?」。
素材はウール、ウールの山シャツと言えば柄物だがこのシャツは無地。襟元はフード、フードの印象からシャツといよりはマウンテンパーカーやフードコートのように見える。襟はスタンダードカラーのシャツモデルもあったが、私が求めるのはオーバーウェア、首の保温や防風が出来るフードはノーマルシャツよりも機能性が高く、またデザイン的にも好みだ。

素材の質感やフォルムを確認しにハイカーズデポへ。素材は肌触りが良く、思っていたよりも上品な素材、形は少しゆったりしていて素材と合わせたエレガントなデザインだった。

これまでにない「きれいめな大人の山着」に一目ぼれ、サイズはM、色は『Raven』を購入した。

WALKER WOOL HOODIE


製品詳細・評価


ウェア Trail Bum 「WALKER WOOL HOODIE」

デザイン:★★★★★
機能性 :★★★★☆(4.5)
価格  :★★☆☆☆(2.5)

◆スペック
素材:ウール90% ナイロン10%
重量:420g(M)
カラー:RAVEN, GRAY, BLUE


製品ページ(Trail Bum)
Hiker's Depot


4.5点


機能性詳細


保温性:★★★★☆
防風性:★★★★☆
耐久性:★★☆☆☆(2.5)
携帯性:★★☆☆☆
肌触り:★★★★★

  • 生地素材が厚く保温性は高め。温度調整が難しい素材なので春秋だと暑そう
  • 防風性は森林限界を越えた強風だと厳しそうだが、低山では十分
  • 耐久性・堅牢性は生地が破れるような事はないが、起毛しているからトゲトゲした藪こぎだと不安かも
  • 重量は420gとソフトシェルほどの重さがあり、収納に難がある。着っぱなしの冬場なら問題ないが、携帯防寒具としては適していない
  • 肌触りが良いので、2ndレイヤーのオーバーウェアとして着るのが良い(早朝や気温が低い時は2レイヤーだと寒いので、その際は中にインナーを着て調整する)
  • フロントのボタンはスナップボダンを採用し着脱が楽ちん、袖口は穴ボタンとなっていて機能とデザインのバランス感が素晴らしい

WALKER WOOL HOODIE
WALKER WOOL HOODIE
WALKER WOOL HOODIEWALKER WOOL HOODIE
WALKER WOOL HOODIE

Raven Color


デザイン・機能性・サイズ・素材、全てに満足していたが、一つ大きな間違いをしてしまった。それは色、帰宅して商品を手に取ると色が真っ黒ではなかったのだ・・・
『Raven』は青みがかった黒、濃紺よりも暗く、色相は青。店舗で見た時は黒に見えたが、光によって黒に見えるくらい色が暗く、識別できなかった。

Ravenとは日本語で「カラス」、英語だとカラスは「Raven」と「Crow」の2つの単語がある。2つの違いは、
レイヴンとクロウ
英語では、カラス属のほとんど(ミヤマガラスを除く)は、crow(クロウ)と raven(レイヴン)に分かれる。これらは、分類学的な差異はないものの区別すべき別の鳥とみなされている。

おおまかに言って、カラス属の大型種は raven、小型種は crow に分類される。また、大きさほど顕著な違いではないが、尾の形も異なり、crow は扇型、raven は楔型をしている。日本のハシボソガラスとハシブトガラスは共に crow に分類される。

英語のそれらを和訳する際(特に文学作品)には、ハシボソガラス等を指す crow と区別して、raven を「大ガラス」と訳すことがある。エドガー・アラン・ポーの詩「大鴉」はその一例である。ただし、近年では raven を「ワタリガラス」と訳したり、そのまま音読で記す場合も多い。

端的に説明するなら、都会派か自然派か。自然に住むカラスは死骸や小動物を食べる大型種、街に住むカラスは残飯を漁る小型種。
余談だが、不良漫画の「クローズ」は『カラスの学校』から着けられた名前だが、これは正しい。もし「レイヴンズ」だと自然の中で行われるバトルロワイアル漫画になってしまう。

私はカラスを黒い動物と思い、Ravenという聞き馴染みのない色を黒と勘違いしていたが、カラスとは本当に黒いのだろうか?画像や動画を調べてみると・・・「あれ?青いじゃん」

カラスのイラスト
外国のカラスが青いのか?いや、そうではなかった。
ウェアは先週の土曜日に購入し、日曜日はそれを着て山行をしたが、この時偶然カラスを見かけた。
そのカラスは、多摩丘陵に住む人馴れした珍しいカラス。触れることは出来なかったが、餌をやると寄ってきて近くから姿を鑑賞する事が出来た。

そのカラスの色は『濃い青』だった。
その日は晴天。私が店で黒に見えたように、曇りや雨の時は黒に見え、光の量が多いと青く見えるようだ。それと認識、『カラスは黒い』と思い込んでいると真っ黒に見えるが、目を凝らして見方を変えれば本当の色を識別できる。
多摩のカラス
多摩のカラス

日本と外国、レイヴンとクロウも色の違いはなく、基本的にカラスは青い。この動画の街ガラスもかなり青い。


黒い服と青い服

自宅で色の違いを知った時は唖然とし返品も考えたが、色以外は気に入っているからこのウェアを着ることにした。

私は黒い服しか着ない、しかしこのアイテムは青い。黒と濃い青の相性は悪く、この様に違和感が生じてしまう。

黒ヘンプとの違い
黒ヘンプとの違い

黒化繊フリースとの違い
黒化繊フリースとの違い

黒メリノウールとの違い
黒メリノウールとの違い

黒に染めてしまう方法も考えたが、黒にすると上品さは失われ気に入っている部分が失われてしまう。

さてどうやって、このレイヴンカラーのアイテムをスタイリングするか?色彩やカラーコーディネートの例を挙げ、別の記事でその方法を紹介することにしたい。
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  奥高尾  チルアウト  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  丘歩き  ディープ  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  丹沢  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  デザイン  テント・シュラフブランド  フットウェア  ウェア  小物ブランド  山と音楽  裸足  奥秩父  エレクトロ  音楽山行  サッカー  オぬベ  ランニング  トレーニング  小物  富士山周辺・箱根・伊豆  Garage  Soulful  ザック  尾瀬・日光・北関東  山動画  北アルプス  雨山行  音楽ジャンル  google  飯能アルプス  南アルプス  裸足感覚  カジュアルハイキング  熱中症  上越・西上州  東北  ブログ  クライミングブランド  フォトムービー  ディープハイキング  企画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  駒ヶ岳  Electro  Mountainstep  ハード  アニマル動画  自力山行  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  道志山塊  街散策  8mara-eyes  藪漕ぎ  飯能市  アルプス  山ショップ  熊  修行  模索山行  Hard  自転車  大菩薩連嶺  富士山麓シリーズ  雪山装備  アニメ  なぐるっと  ヤマラ考察  カモシカ山行  怪我  ヤマラ仕様  東信  八ヶ岳  便利かもツール  ストーブ・クッカー・ボトル  ミニマルハイキング  良滝  街中トレイル  多摩川  多摩丘陵  三浦丘陵  デジタルカメラ  山小屋白書  Techno  Downtempo  Experimental  お喋り山行  トレランシューズ  コースタイム計算  メッツァ  テントシュラフ  ヤマノススメ  凍傷  登山地図  クライミング  プラティパス  Footwork  地形  たまリバー  裸  Firefox  レース  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  白山連峰  山行計画  時計・計器  コーラ  アウトドアブランド  山めし  上越  メリー歩荷トレ  中央アルプス  沢登り  WiMAX  熊鈴  Ambient  メリノウール  クラブ活動  高尾山  登山用品店  Backpacker誌  クライミングギア  Bass  スマートフォン  ゲーム  ヒップホップ  山道具探しの旅  茸  アートワーク  パンダ  堕天使  絶体絶命  はい!きん、ぐぅ~  アウトドアビジネス  フードウェア  エネルギー切れ  登れない山  まちづくり  カルピス  趣味カテゴリ  リベンジ  都市計画  キツネ村  恥ずかしい失態  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  アート  未踏峰  山小屋サミット  MFM  二百名山  けろっぴ  ダウンテンポ  奥武蔵ラビリンス  海外の山  ガチャピン  登山届  日本の詩  表示テスト  はぐれ低山  Youtube  スタイル  ソロキャンプ  山と犬  イヤホン  散策  超低山  百名山 

月別アーカイブ

上に戻る