加治丘陵と元祖ムーミンパーク

メッツァの「ムーミンバレーパーク」ではなく、あけぼの子どもの森公園の「元祖ムーミンパーク」に行ってきた。
加治丘陵と元祖ムーミンパーク
今回の山行の目的はNewコンパスの機能テストだったが、予定が変わり以前から気になっていた「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園(以下あけぼの公園)」に行ってきた。

あけぼの公園は加治丘陵の山麓(北側)に在る飯能市の都市公園、以前加治丘陵を歩いた時に立ち寄ろうとしたが、道がわからずこれまで訪れたことは無かった。
開園は1997年、2019年にオープンしたムーミンバレーパークよりも22年も前に作られた公園だが、利用者は多く今日も大混雑していた。

ムーミンバレーパークの入場者数はわからないが、おそらくあけぼの公園の方が多いような気がする。10月中旬にメッツァに行った時(入園はしていない)と比較して大きな差が見られた。

ムーミンバレーパークとあけぼの公園の違いは『有料か無料か』。ムーミンバレーパークの入園料は大人が1500円、子供は1000円、それに駐車料金や飲食、アトラクションは別料金となり、結構な金額を使うのに対して、あけぼの公園は飲食代のみとお財布に優しい(食事を持参すれば交通費やガソリン代のみ)。

利用者数の差は、金額も関係しているが、それだけの問題ではないと思う。
メッツァはテーマパークだが、悪く言えば中途半端なテーマパーク。自然を活かしたサービスだから、利用者の満足度を考え演出等工夫する人的サービスに比べて、どうしても弱く感じてしまう(対価が感じられない)。
高くても相応のサービスなら何度でも利用するし、高いだけなら損をした気分になり再利用したいとは思わない。

自然は誰もが求めるサービス要素だが、そこで味わいたいのは寛ぎだと思う。
あけぼの公園では芝生に腰を下ろしてのんびり過ごしている人が多かった。忙しくアトラクションをまわるよりも、時には元気よく、時にはのんびり、そんな緩急をつけて時間を過ごすのが、利用者のニーズなのだろう。

あけぼの公園


山行記録


※コンパスに関する記録は別記事

仏子駅から加治丘陵へはいつもとは違うルートを歩いた。
仏子駅仏子駅
仏子駅~加治丘陵
加治丘陵

裸足歩きでもしようと靴を脱いだが、先日の縦走の疲労(足裏の痛み)がまだ残っていたので、直ぐに靴を履き直した。
裸足

阿須山の先から駿河台大学方面に下りあけぼの公園に向かおうとしたが、道を間違えてまた丘陵の尾根道に戻ってしまった。。
加治丘陵加治丘陵
加治丘陵
加治丘陵加治丘陵
加治丘陵加治丘陵
加治丘陵
加治丘陵
加治丘陵

もう一度下るのも面倒くさいのであけぼの公園は断念し桜山展望台へ。桜山展望台は利用時間(9時~16時半)が決まっていていつも閉まっているが、今回は久々に展望台に上がる事が出来た。
夜明けの景色や夜景は美しそうだが、なぜ24時間解放しないのか?わざわざ開け閉めするのも大変なのに。
桜山展望台
桜山展望台

桜山展望台からは西へ進み、阿須丘陵を目指していたが、八幡神社から金子神社の途中でトラブルが発生した。iPodの電池切れ・・・デジタル地図が見れなければコンパスのテストが行えないではないか。。
地図が無くてもハイキングは続行出来るが音楽も聴けないのが痛い、今回のルートは景観がそれほど良くないから、音楽無しでは歩くことは出来ない。
楽しみが無くなり歩く気力も無くなってしまったので、時間は早いが山行を中止して帰宅することにした。
加治丘陵加治丘陵
八幡神社
電池切れ

駅に向かう途中、あけぼの公園の事を思い出した。電池切れのダメージが大きく、あまり乗り気ではなかったが、現在地から近いので行ってみる事にした。
あけぼの公園に到着し園内を歩くと、エンプティーだった私の気分は回復した。ファンタジーな世界と利用者の笑顔に癒やされ、また自然が人に与える良い影響を再認識し、喜ばしい気分になった。

元祖ムーミンパークは子供も大人も楽しめる、心の電池切れまで解消してくれる素晴らしい施設だった。
あけぼの公園あけぼの公園
あけぼの公園あけぼの公園
あけぼの公園
あけぼの公園あけぼの公園
あけぼの公園あけぼの公園
あけぼの公園
あけぼの公園あけぼの公園
あけぼの公園
あけぼの公園
あけぼの公園あけぼの公園
あけぼの公園
あけぼの公園あけぼの公園

あけぼの公園からは入間川沿い歩いて元加治駅へ。入間川が氾濫したのは知っていたが、遊歩道が崩壊しているのを見て被害の大きさを実感した。
居住地、田畑、堤防や道路のインフラ・・・広範囲に渡る台風の被害は計り知れない。
最近はオリンピックのマラソン開催地が北海道に決まり、費用負担について問題になっていたが、出来るだけ費用は抑えて「コンパクト五輪」にしてもらいものだ(その分復興予算に充てる)。
入間川
入間川入間川
入間川
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  幕営山行  雪山山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  フットウェアブランド  Chillout  丹沢  ウェアブランド  デザイン  テント・シュラフブランド  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  裸足  ウェア  エレクトロ  奥秩父  オぬベ  サッカー  トレーニング  音楽山行  ランニング  小物  Garage  Soulful  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  音楽ジャンル  雨山行  google  北アルプス  熱中症  上越・西上州  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  裸足感覚  フォトムービー  クライミングブランド  東北  自力山行  企画  Mountainstep  駒ヶ岳  時計・計器ブランド  アニマル動画  Electro  山岳書籍・映画  ハード  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  8mara-eyes  熊  修行  Hard  山ショップ  アルプス  飯能市  模索山行  街散策  藪漕ぎ  カジュアルハイキング  ヤマラ考察  なぐるっと  自転車  カモシカ山行  ヤマラ仕様  雪山装備  大菩薩連嶺  怪我  アニメ  街中トレイル  三浦丘陵  便利かもツール  ストーブ・クッカー・ボトル  八ヶ岳  良滝  ミニマルハイキング  東信  多摩川  トレランシューズ  デジタルカメラ  コースタイム計算  テントシュラフ  クライミング  凍傷  お喋り山行  ヤマノススメ  山小屋白書  Experimental  Techno  プラティパス  メッツァ  Downtempo  登山地図  山めし  iTunes  中央アルプス  地形  熊鈴  Ambient  ビブラムファイブフィンガーズ  Firefox  たまリバー  WiMAX  Footwork  時計・計器  裸  上越  北関東  メリノウール  レース  山行計画  白山連峰  沢登り  コーラ  メリー歩荷トレ  アウトドアブランド  けろっぴ  カルピス  山と犬  二百名山  奥多摩三大急尾根  亀ウォーキング  ソロキャンプ  キツネ村  都市計画  高尾山  まちづくり  趣味カテゴリ  散策  ゲーム  Bass  イヤホン  超低山  ヒップホップ  MFM  リベンジ  表示テスト  スマートフォン  日本の詩  はぐれ低山  堕天使  絶体絶命  山道具探しの旅  登山届  奥武蔵ラビリンス  未踏峰  ガチャピン  はい!きん、ぐぅ~  アウトドアビジネス  アート  海外の山  フードウェア  茸  スタイル  ダウンテンポ  登山用品店  山小屋サミット  百名山  登れない山  エネルギー切れ  パンダ  アートワーク  Youtube  クライミングギア  Backpacker誌  恥ずかしい失態 

月別アーカイブ

上に戻る