台風被害報告@高尾(裸足)

水と泥による台風の被害。その爪痕は広く鋭く、高尾の山と街は惨憺たる状態だった。
台風被害報告@高尾(裸足)
連日被害映像が流れ、大きな河川地域の深刻な自体に胸を痛めていたが、あの土の出所が気になっていた。
茶色い濁流は大雨によって山が削られたり、山間部の畑や土砂が流されるから。テレビでは人的被害が優先され下流の河川地域を取り上げているが、上流も相当酷い被害があったと想像できる。

深い山は危険なので今回は高尾の山を歩いてきたが、予想以上に被害を受けていて驚いた。
登山道に関しては一部巻道が崩落して通行禁止になっていた位だが、林道は土砂崩れによるバスの運行休止、山麓の住宅地は浸水被害があり、当時の恐怖や不安を感じ取れた。

高尾山口駅に降りるハイカーは多く、渋滞している稲荷山コースからは被害を感じることは無かったが、途中で聞いたバスの運行、それと山行を終え高尾山口駅から高尾駅まで歩いている時に被害の大きさを知った。
道路は泥が残り、住宅地の地面は泥だらけ、高尾に限らず沢が集まる場所ではどこも氾濫していたと考えられる。

【高尾山口駅】
高尾山口駅高尾山口駅高尾山口駅

【登山道】
登山道
登山道

【高尾山口駅から高尾駅】※プライバシーの問題があるので住居の写真は撮っていない
高尾山口駅~高尾駅高尾山口駅~高尾駅


八王子市西部の被害・運行状況

  • 【バス】高尾駅北口~陣馬高原下は大久保バス停まで運行(西東京バス
  • 【バス】高尾駅北口~小仏は21日から運行再開(京王バス
  • 【登山道】城山の巻道は通行禁止
  • 【登山道】高尾山6号路は通行禁止
  • 【登山道】高尾山蛇滝コースは通行禁止
  • 【登山道】日影沢林道は通行禁止

ヤマケイオンライン 登山道の影響(全域)

復旧作業が行われバスは順次再開しているが、安全が確保されていないコースでの山歩きは自粛した方が良さそうだ(遭難の恐れがある危険な山)。レスキューは他にやるべき事があり、自ら危険な状況に陥り無意味な仕事を作ってはならない。

山行記録


電車で足袋と作業服を着ていた人が居たが、その時は「変わったファッションで山に登る人がいるものだ」と思っていた。その後、高尾の被害を目の当たりにしてこの人が復旧作業を行う人だとわかった。「ご苦労さまです、ありがとうございます」
ご苦労さまです

最近は山に向かう時にお腹が痛くなる事が無かったが、今日は不調・・・高尾山口駅でトイレに駆け込み、その後暫く腹痛が続き動くことが出来なかった。。
腹の調子が・・・

いつもは人混みを避けて早い時間帯(7時頃)から歩くが、今日は遅い出発となり出発時刻は9時、6号路が通行禁止になっている事もあってか、稲荷山コースは大渋滞していた。
登山道の渋滞はペースが崩れるから嫌いだが、この時は嫌な気分にはならなかった。数週間ぶりの裸足と歩きやすい高尾のコースから得られる感覚は非常に高く、また『裸足での山歩きはこんなにも気持ちが良い』というアピールが出来た事も満足度に関係している。

高尾山を巻いて奥高尾に入ると、極端に人が減り雰囲気が変わった。閑散とした登山道と曇り空に次第にテンションが下がり、寂しさから楽しさを感じられなくなってきた。途中までは登り以外は走っていたが、段々と走る気力も無くなってきた。
人に見せる事が目的ではなく、優越感に浸っている事もないのだが、人に見られる事で共感を覚え気持ちが高揚する心理現象から、この様な気分の変化があると考えられる。静かな空間が好きな人でも、全く人と出会わないコースでは時間が経つと不安な気持ちになり、人を見るだけで安心感や喜びを感じるようになる効果と似ている。
登山口~城山
登山口~城山

城山はいつも巻いているが林道から通行禁止になっていた。ここに看板を建てるなら一丁平側にも設置してもらいたいのだが・・・
城山の茶屋はお休み、景信山は営業、景信山から先は一気に静まり返り、全く人が歩いていなかった。
城山城山~景信山
景信山景信山
景信山~陣馬山景信山~陣馬山

陣馬山までは3時間6分、稲荷山コースでの渋滞、城山での迂回、テンションが低下し歩きの区間が多かったが意外とペースは遅くなかったようだ。
この主稜線コースでの裸足歩きは2時間半で歩ける(走れる)ようになりたいが、その為には足裏と体力の強化が必要だ。最近のルートは距離が短くなり登りの脚力が低下し、またランニングの頻度も低く走力も衰えているから、その点は何かしらの対策をしたい(長いルートに飽きているから他の方法で体力UP)。
陣馬山
陣馬山

陣馬山は山頂に10名程度の人、茶屋は清水茶屋が営業していた。
話をした人から陣馬高原のバスが運休していてる事を聞き、その人達は大久保から15kmも林道を歩き陣馬山まで来たとの事だった。
陣馬山

本日の飲み物は100周年限定の「匠のカルピス」、贅沢な味わいのカルピスは美味いが、汗を掻いた後に飲む飲料ではなかった(濃い)。
匠のカルピス

今回の裸足は陣馬山で終了。空は雨雲に覆われ雨が降りそうだったので少し休んでから高尾山へ引き返した。
カメラは露出補正を弄って暗い感じで撮ってみた(ISO感度はオートにしたが調整するともっと良くなるのだろうか?)。
陣馬山~明王峠
陣馬山~明王峠陣馬山~明王峠
明王峠
明王峠~景信山

傘を携行していないからなるべく急いで下山しようと思っていたが、お気に入りベンチを見たら無性に休憩したくなった。往路の城山でベンチに寝そべってタバコを吸っている人を見かけ、その幸せそうな光景を思い出し自分もやりたくなった。
寝心地が良いこのベンチで空と樹木を見上げ、タバコを吸いながら音楽に浸る。ゆらゆらと揺れながら漂う紫の煙は味覚向上と幻覚的な視覚効果がある(動画はジミヘンの「Purple Haze」)。
お気に入りベンチ
樹木と紫煙
樹木と紫煙



陣馬山に向かうハイカーの人には声を掛けて、バスが運休していることを伝えた。話をすると情報は知らなかったようで、引き返す人もいた。
主稜線コースは高尾駅からバスに乗って陣馬山から高尾山に向かう順路が一般的だが、逆の高尾山口駅から陣場山に向かう場合はバスの運行状態がわからない。最終便の陣馬高原下のバスを考えている人は、やむを得なく林道を歩くことになるが、林道歩きで日が暮れてしまい、しかも崩落している危険な林道なのでかなり危険な状況に陥る。
自治体は住民被害の対応に追われ、娯楽の登山者に対してそこまでやる必要もないが、バスの運行状況に関してはコース上に注意看板を設置した方が良いだろう(景信山から先に)。
景信山~城山
景信山~城山景信山~城山
城山
城山からの眺め

一丁平辺りでボーイスカウトの子供達が歩いていていたが、一人の子の頭部に惹かれ、暫く後ろから鑑賞していた。くせ毛なのか汗を掻いたからなのか髪が広がっていて、それに白い帽子をかぶっているからカッパの様に見え、その可愛らしさに癒された(周りの人にはロリコンと思われたかもしれない。。)。
ロリコンの視点

行きも返りも稲荷山コースは大渋滞。トレランの人は追い抜きが出来ない状況にイライラしていたが、この時間帯はのんびり流れに任せて歩くしかない。渋滞が嫌なら人が少ない時間帯を選び、危険な追い抜き等マナーを守らなければならない(高尾は未だにマナーの悪いランナーを見かける)。
稲荷山コース

台風による被害は甚大だが、今回の台風による死者数は100人未満と2万人近くの死者・不名数となった東日本大震災に比べて少なく(大雨と津波では全然違うけど)、古くから水害に悩まされてきた日本の治水技術の高さを実感するところでもあった。
住宅被害は床上浸水が23,411件、床下浸水は15,975件と多いが、「命あっての物種」と言うし、今後の治水対策や避難方法、それに災害に対する住民の意識向上と教訓を活かせれば良いと思う。

タイム


高尾山口駅(8:50)~清滝駅(9:10)~【裸足ON】~【稲荷山コース】~5号路分岐(9:54)~【北コース】~城山(10:26)~景信山(10:57)~明王峠(11:48)~陣馬山(12:16-12:30)~【裸足OFF】~明王峠(13:03)~お気に入りベンチ(13:16-13:29)~【景信山は巻き】~城山(14:23)~清滝駅(15:50)~【街の被害確認】~高尾駅

その他の写真


20191020
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  テント・シュラフブランド  デザイン  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  ウェア  裸足  奥秩父  エレクトロ  トレーニング  サッカー  音楽山行  オぬベ  ランニング  小物  Soulful  Garage  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  北アルプス  音楽ジャンル  google  雨山行  上越・西上州  熱中症  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  フォトムービー  クライミングブランド  東北  裸足感覚  企画  自力山行  駒ヶ岳  Mountainstep  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  アニマル動画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  Electro  ハード  8mara-eyes  修行  Hard  アルプス  飯能市  藪漕ぎ  熊  模索山行  山ショップ  自転車  なぐるっと  雪山装備  ヤマラ考察  カモシカ山行  ヤマラ仕様  大菩薩連嶺  アニメ  カジュアルハイキング  街散策  多摩川  ミニマルハイキング  東信  三浦丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  良滝  八ヶ岳  便利かもツール  怪我  Techno  テントシュラフ  コースタイム計算  トレランシューズ  デジタルカメラ  山小屋白書  凍傷  お喋り山行  街中トレイル  クライミング  メッツァ  ヤマノススメ  プラティパス  登山地図  Experimental  Downtempo  山めし  熊鈴  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  たまリバー  WiMAX  裸  Footwork  地形  Ambient  時計・計器  Firefox  上越  中央アルプス  山行計画  沢登り  白山連峰  アウトドアブランド  コーラ  メリノウール  メリー歩荷トレ  レース  カルピス  山と犬  高尾山  趣味カテゴリ  日本の詩  ソロキャンプ  けろっぴ  都市計画  まちづくり  はぐれ低山  二百名山  リベンジ  表示テスト  アウトドアビジネス  フードウェア  イヤホン  百名山  散策  ゲーム  スマートフォン  ヒップホップ  堕天使  超低山  Youtube  MFM  アートワーク  海外の山  パンダ  エネルギー切れ  未踏峰  アート  奥武蔵ラビリンス  山道具探しの旅  はい!きん、ぐぅ~  茸  登山届  クライミングギア  Backpacker誌  絶体絶命  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  ガチャピン  山小屋サミット  ダウンテンポ  登れない山  恥ずかしい失態  登山用品店  スタイル  キツネ村 

月別アーカイブ

上に戻る