Light Trail①「七色の宮沢湖」

メッツァのイルミネーションイベント「チームラボ 森と湖の光の祭」は想像を超える景色だった。味わったことのない新しい感覚、自然と人工の融合は、新しいスタイルのハイキングを予感させた。
Light Trail①「七色の宮沢湖」
一般的なイルミネーションは正直なところ、何が良いのかわからない。
綺麗だとは思うがその物自体に心が響かない、理由は「人工的な過剰な演出」だから。昔ミレナリオの設備の仕事をした事があったが、何故こんなに人が集まるのか不思議に思っていた(神戸でやる事に意味がある)。

メッツァの「チームラボ 森と湖の光の祭」は似たような装飾ではあるが、ただ派手なだけなく落ち着きがある。これは自然の効果であり、日が落ちた自然の『黒』が光のバランスを調整しているのだ。
メッツァの自然が生み出す新しいデザイン、自然との融合は癒やし度の高いイルミネーションとして今後人気となるだろう。

このイベントを体験して、新しいハイキングの形を想像した。
光の祭の料金は1000円(土日は1200円)なのだが、これと同様にハイキングコースに人工的な手を入れて利用料を取るのは良いと思った。
例えば「花のハイキングコース」、色々な花を植え7・8月の開花時期のみ利用料がかかるというもの、5km位のハイキングコースであるのが好ましい。
「工芸ハイキングコース」も面白そう。木道・ベンチ・道標・標識に装飾が凝った工芸品を用いることで、新しい感覚を生み出す。ハイキングコース上に絵画(プリントした物)を並べる「山の美術館」もアリだと思う。

自然は自然な形が一番良いとは思うが、人工コラボも合わせ方によっては楽しめると思う。ハイキングコースクリエイターが活躍する時代はそう遠くないかもしれない。
チームラボ 森と湖の光の祭

記録


メッツァの前に加治丘陵の桜山展望台から夕日でも見ようと思っていたら、利用時間外となっていた(9時~16時半、着いたのが17時過ぎ)。。前に朝日を見ようとした時も閉まっていたが、一番見たい時間帯に入れないってどーゆーこと?
その後、北上して飯能の街に下ろうとしたが、暗くて結構怖い思いをした(ヘッデンは携行していたが、何となく使いたくない気分だった)。昼間なら安心だけど、日が暮れると加治丘陵といっても十分に遭難の可能性もある。特に冬は寒いから迷って一夜を過ごすことになったら大変だ。
加治丘陵
加治丘陵加治丘陵
桜山展望台桜山展望台
加治丘陵
加治丘陵加治丘陵

駿河台大学付近に下りそこから適当に歩いてメッツァまで移動、地図を持っていなかったから大通りに出るまで不安だった。
移動

メッツァには18時半に到着、連休ということで混雑していた。
この景色は写真を撮るのが難しい、「青色キレイ」と思って撮ろうとすると赤になったり、コロコロと色が変わるから好きな色を待つのがメンドかった。
BGMとしてスピーカーからアンビエントが流れていたが、音響が悪いのと人の声が大きくあまり効果がないように思えた。
チームラボ 森と湖の光の祭チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭チームラボ 森と湖の光の祭
チームラボ 森と湖の光の祭

この景色をより堪能したい、または写真を撮りたい人は混雑時は控えた方がよいです。平日の方が空いていて木曜日が一番空いているそうです。時間は17:30~21:00(20:00最終入場)となり、19時を過ぎると大分人が減ったので遅い時間に入場するのも良いかもしれません。

その他の写真


20190113
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  幕営山行  雪山山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  フットウェアブランド  Chillout  丹沢  ウェアブランド  デザイン  テント・シュラフブランド  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  裸足  ウェア  エレクトロ  奥秩父  オぬベ  サッカー  トレーニング  音楽山行  ランニング  小物  Garage  Soulful  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  音楽ジャンル  雨山行  google  北アルプス  熱中症  上越・西上州  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  裸足感覚  フォトムービー  クライミングブランド  東北  自力山行  企画  Mountainstep  駒ヶ岳  時計・計器ブランド  アニマル動画  Electro  山岳書籍・映画  ハード  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  8mara-eyes  熊  修行  Hard  山ショップ  アルプス  飯能市  模索山行  街散策  藪漕ぎ  カジュアルハイキング  ヤマラ考察  なぐるっと  自転車  カモシカ山行  ヤマラ仕様  雪山装備  大菩薩連嶺  怪我  アニメ  街中トレイル  三浦丘陵  便利かもツール  ストーブ・クッカー・ボトル  八ヶ岳  良滝  ミニマルハイキング  東信  多摩川  トレランシューズ  デジタルカメラ  コースタイム計算  テントシュラフ  クライミング  凍傷  お喋り山行  ヤマノススメ  山小屋白書  Experimental  Techno  プラティパス  メッツァ  Downtempo  登山地図  山めし  iTunes  中央アルプス  地形  熊鈴  Ambient  ビブラムファイブフィンガーズ  Firefox  たまリバー  WiMAX  Footwork  時計・計器  裸  上越  北関東  メリノウール  レース  山行計画  白山連峰  沢登り  コーラ  メリー歩荷トレ  アウトドアブランド  けろっぴ  カルピス  山と犬  二百名山  奥多摩三大急尾根  亀ウォーキング  ソロキャンプ  キツネ村  都市計画  高尾山  まちづくり  趣味カテゴリ  散策  ゲーム  Bass  イヤホン  超低山  ヒップホップ  MFM  リベンジ  表示テスト  スマートフォン  日本の詩  はぐれ低山  堕天使  絶体絶命  山道具探しの旅  登山届  奥武蔵ラビリンス  未踏峰  ガチャピン  はい!きん、ぐぅ~  アウトドアビジネス  アート  海外の山  フードウェア  茸  スタイル  ダウンテンポ  登山用品店  山小屋サミット  百名山  登れない山  エネルギー切れ  パンダ  アートワーク  Youtube  クライミングギア  Backpacker誌  恥ずかしい失態 

月別アーカイブ

上に戻る