ムーミン村散策(metsä village)

今週は山をお休みして、メッツァビレッジに行ってきた。物知りなスナフキンなら膝を早く治す方法を知っているかもしれない。
ムーミン村散策(metsä village)
膝の痛みは引いたが、激しい運動はまだ出来ない。
少しでも体を動かして体力維持に努めたいところだが、膝の場合は何も出来ないのが辛い。。山を歩けばまた痛みがぶり返し、完治が長引いてしまう・・・今はとにかく我慢してなるべく早く復帰したい。

めっちゃビレッジ!

先日オープンしたメッツァビレッジに行ったら、全く新しい形の商業施設だったので驚いた。
初めは商業施設だからショッピングくらいしか楽しみがないと思っていたが、施設全体にエンターテイメント性があり、何も買わなくても楽しめる場所だった。

ショッピングモールというよりはエンターテイメントモール、その特徴は『自然と調和した空間』であること。
郊外の大型モールでもちょっとした緑はあったりするが、ここには巨大な宮沢湖があり、湖畔の一部にテナントが建っている。芝生程度の緑なら特に感じることもないが、この広大で美しい景観の中に居ると心が落ち着き、ゆったりとした気分になる。
しかも、扱っているものは北欧のお洒落な製品、これがこの景観に非常に合っていて購買欲を掻き立てる。

店舗と自然の割合でいうと大型モールの真逆、自然が9に対して店舗が1、広い敷地なのに建物の割合は低く、雑貨と飲食の建物が一棟、その他は屋台みたいな飲食店舗が少しあるだけ。
この景観の効果を活かせば、めちゃくちゃ売れそうなのだが、なぜか物販で利益を出そうという感じがしなかった。商品は単価の低い雑貨、ディスプレイや商品陳列なんかを見ても安い物に面積を使っていたりしていた。

察するにメインは『メッツァ』のテーマパークであり、この商業施設は休憩所やお土産コーナーという扱いなのかもしれない。売上よりもイメージ、製品を扱ってテーマパークの世界観を演出する方が会社の利益になるってことなのかも。
でもこの素材を有効に使わないのは勿体無い気もする、ここなら北欧に関係のない高級衣料ブランドであっても売れると思う。表参道や銀座や六本木、ミラノにパリにロンドンといったショッピングストリートよりも景観が美しく、自然は心を落ち着かせてくれるから、客の満足度も高くなる。
ひょっとして、入間にある三井アウトレットパークが関係し、大きなモールを作れないって事もあるのかもね。

散策記録


飯能駅から宮沢湖までの距離は約2.5kmだから歩けない距離でもないが、それはハイカーの感覚であり、普通の人なら歩こうとは思わないだろう。
ただ、前の記事で書いたが、メイン通りを賑やかにすれば、歩く人も増えると思う。お店を見ながら緑地まであるいて、そこからは森の道。森の奥にムーミン谷がある方がメルヘンチックに浸れるんじゃないかな?
駅から約2.5kmメイン通り

飯能駅からメッツァへの直通バスが出ていて、本数はかなり多かった(帰りはバスを使った)。
直通バス直通バス

飯能桜の森のコースを歩いてメッツァへ、前回来た時は無かったが、ここはノルディックウォーキングのコースになっていた(メッツァの期間イベント)。
飯能桜の森には「第二天覧山」があり、次に歩く機会があれば登ろうと思っていたが、すっかり忘れてしまった。。
飯能桜の森飯能桜の森
飯能桜の森飯能桜の森
飯能桜の森飯能桜の森

メッツァ駐車場は宮沢湖の時と変わらない大きさだった。駐車料金を高く設定していることから、なるべく電車を利用してもらいたいのかもしれないね。
メッツァ駐車場・バス停

入口に在る建物に、雑貨と飲食の店舗が入っている。
メッツァビレッジメッツァビレッジ

2Fは北欧の雑貨を販売している。ステーショナリーやキッチン用品、イッタラやマリメッコなどのブランドを扱っている。
1Fにはサイボクハムが入っていた。ここの肉はめちゃくちゃ美味くて昔何度か直営牧場(日高市)に買いに行ったことがある。
メッツァビレッジ
雑貨雑貨
雑貨雑貨
雑貨サイボクハム

インテリアもオサレ。
オサレ椅子オサレ便器

メッツァビレッジの写真。湖畔は一部の区間が開放されていて、周回することは出来ない(メッツァ区間は入れない)。
メッツァビレッジメッツァビレッジ
メッツァビレッジメッツァビレッジ
メッツァビレッジメッツァビレッジ
メッツァビレッジ
湖畔湖畔
湖畔
湖畔湖畔
湖畔メッツァビレッジ
メッツァビレッジメッツァビレッジ
メッツァビレッジ
メッツァビレッジメッツァビレッジ
メッツァビレッジ
メッツァビレッジメッツァビレッジ

この秋田犬はぬいぐるみみたいで可愛かった( >_<)
あきたいぬあきたいぬ

イベントをやっていたので、ノルディックウォーキングについてお話を聞いた。
私は独自にポールの使い方を学んできたが、私のやってきた事や考えに通じる部分があり、とても参考になった。
縦走や雪山でめちゃくちゃ辛い時なんかは、ギアを有効活用しようと考えてしまう。ポールもバランスを取るだけでなく、ポールの置き方や腕の振り方によって推進力を得ようと実行した事もあった。

私はきちんと会得はしていないが、これをマスターすればかなり楽に歩けるようになると思う。
ハイキング以外以外に、スピードハイクやトレイルランでも応用できるから、気になる人はこのイベントで学んでみるといいかも(ウォーキングなので登山やハイキングの突き方は教えてくれないが)。
ノルディックウォーキングノルディックウォーキング

ノルディックポールという物があり、このグリップの部分が機能的だった。
通常のトレッキングポールだと、輪っか状になっていて、煩わしい事があるが、これはフィット感が非常に良く、取り外しも簡単なのだ(アイスアックスのリーシュの構造と同じ)。
ノルディックウォーキング

そう言えばスナフキンもムーミンもメッツァビレッジには居なかった、今はメッツァの工事に追われていてそれどこじゃないのかもしれないね。
「ムーミンが居ない!」と不満を漏らす人もいるかも知れないから、宮沢湖にカバを放ってみてはどうだろうか。

その他の写真


20181118
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

現在の探求課題

◆『裸足歩きUP』 低山を走れるようになりたい
◆『音楽鑑賞UP』 もっと気持ち良く音楽を聴けるようになりたい(山で)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  自転車山行  幕営山行  道迷い  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  Chillout  テント・シュラフブランド  デザイン  小物ブランド  フットウェア  山と音楽  ウェア  裸足  エレクトロ  奥秩父  サッカー  音楽山行  オぬベ  トレーニング  ランニング  小物  ザック  Soulful  Garage  山動画  尾瀬・日光・北関東  富士山周辺・箱根・伊豆  北アルプス  雨山行  google  飯能アルプス  音楽ジャンル  熱中症  南アルプス  上越・西上州  ブログ  クライミングブランド  フォトムービー  裸足感覚  東北  ディープハイキング  駒ヶ岳  企画  自力山行  Mountainstep  アニマル動画  山岳書籍・映画  時計・計器ブランド  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  ハード  Electro  8mara-eyes  藪漕ぎ  山ショップ  飯能市  Hard  修行  模索山行  熊  ヤマラ仕様  自転車  ヤマラ考察  雪山装備  なぐるっと  大菩薩連嶺  街散策  アニメ  カジュアルハイキング  八ヶ岳  ストーブ・クッカー・ボトル  ミニマルハイキング  多摩川  便利かもツール  東信  良滝  三浦丘陵  怪我  カモシカ山行  山小屋白書  トレランシューズ  クライミング  デジタルカメラ  Techno  Downtempo  街中トレイル  テントシュラフ  メッツァ  コースタイム計算  Experimental  ヤマノススメ  お喋り山行  凍傷  登山地図  プラティパス  中央アルプス  地形  時計・計器  WiMAX  iTunes  熊鈴  上越  メリー歩荷トレ  たまリバー  山行計画  ビブラムファイブフィンガーズ  Firefox  コーラ  白山連峰  レース  山めし  アウトドアブランド  Ambient  裸  メリノウール  Footwork  沢登り  都市計画  まちづくり  ヒップホップ  奥多摩三大急尾根  恥ずかしい失態  表示テスト  亀ウォーキング  キツネ村  超低山  Youtube  カルピス  趣味カテゴリ  リベンジ  ゲーム  高尾山  イヤホン  スマートフォン  散策  ダウンテンポ  Backpacker誌  アウトドアビジネス  はい!きん、ぐぅ~  百名山  フードウェア  ソロキャンプ  はぐれ低山  海外の山  ガチャピン  未踏峰  スタイル  奥武蔵ラビリンス  登山届  アート  絶体絶命  堕天使  クライミングギア  山小屋サミット  MFM  エネルギー切れ  登山用品店  登れない山  パンダ  アートワーク  二百名山  山道具探しの旅  茸  けろっぴ  山と犬  日本の詩 

月別アーカイブ

上に戻る