ランニングのペース=3

私は楽しむ事を優先し一生懸命に走ったりはしない。いつも緩やかに華麗に、しかし今日は必死に走ってみた。
ランニングのペース=3
マラソン中継や実際に走っている人の苦しそうな顔を見ると、「何が面白いんだろう?」と理解に苦しむ。
山の急な登りで息が上がっているのに、平坦だからと走り出すトレイルランナー、走れる場所はいかなる状態でも走らなきゃいけないルールでもあるのだろうか?
私は無理はせずに辛い時は歩いて体力を回復する、走りたい時だけ走るのが私のモットーだ。

一生懸命に走る理由

先日の記事に書いたが、自宅から多摩湖のルートを7月末から継続して走っている(現在は週1回、時間は夜)。
今日は山に行く予定だったが出発時に大雨に降られ中止、午後からは小雨となったので多摩湖を走ることにした。

雨空ではあるが気温は低く、いつもの熱帯夜と比べる遥かに快適だった。ペースはいつもと同じ、気候がどうあれ早く走る理由はなく、普段通りに黙々と走っていた。
車道から八国山緑地を経由して多摩湖周回コースに入る。ナイトランルートは半周コースだが、今回は昼時&涼しいという事もあって、全周コースを回ることにした。

半周コースの分岐を過ぎて暫く走っていると他のランナーに追い抜かれた。ちょっと早いどころか超高速、私の5倍位のスピードだった。
私はこのランナーを見て自分のペースが遅すぎるという事を認識した。そもそも自分の走力がわからないから適正ペースを理解していなかった。

私はその人を追随することにした、負けず嫌いの性格もあるが、自分がどのくらいのペースで走れるかを試してみたかった。差は歴然とているから追い抜きは無理だろう、出来るだけ付いていく、辛かったらペースを戻せばいいだけだ。
二速三速とギアを上げていく、先のランナーの背中が視界からまだ消えない、すぐに悲鳴を上げると思っていが意外と走れることに気が付く。

気になる景色の写真を撮っていたらランナーの姿は消えてしまったが、ペースは維持した。すると失速することもなく逆にもっと上がっていった・・・

「気持ちいい」

湧き出るアドレナリンを抑えようと、大股で走ったり腕を大きく振ったりと体がオーバーアクションを起こしだす。そしてこの過剰な運動が原因となり、やっと体が疲弊し最後の方はペースが落ちた。

一生懸命に走ることの理由、それは気持ちがいいから。のんびりしたジョギングだと体は楽だけど心の変動は低い。心はS体はM、体は虐められる事を望んでいる。
但しどんな状況でも頑張ればよいということはない。高温湿度や体調不良、そんな時は体は運動を拒絶する。SMプレイも気分次第、24時間365日、常にやっていたら異常というか病気だ。

これだけ気持ちよく走れたのは、ナイトランを継続してきた成果であろう。いくら心が要求しても体力がなければ幸福は実現しない、このまま継続して更にランニングの楽しみを理解していきたい。

多摩湖全周コースは定期的に走ってみたい。
今回はコース(堰堤北端)に入ったのが13:57、堰堤入口に着いたのが15:02、堰堤では必ず休憩を取るから一周を走りきっていないが、堰堤通過を5分として一周で70分かかったことになる。
自宅からコース(約8km)まで走ってそのまま継続しているのと、途中までのローペースや写真撮影ロスなどを調整すれば、10分から15分は短縮できそうな気がする。
今後はもっと走力を付けていき40分台を目指してみるのもいいかもしれない(タイムはで気持ちよさや走力アップを実感する指標であって目的ではない)。

今日の写真


ナイトランの時の八国山緑地は真っ暗だけど、地面の感触は気持ち良い。ここは鹿とか大きな動物が生息していないから暗くても気味が悪くはない。嫌なところは蜘蛛の巣、ヘッデンに寄ってくる虫が蜘蛛の巣を運んでくる。。
八国山緑地
八国山緑地
八国山緑地八国山緑地


(左)八国山緑地の出口、ここからも西武園の花火がよく見える。(右)堰堤付近の長細い鉄塔は地震で倒壊しないか不安だ。
八国山緑地出口長細い鉄塔

多摩湖全周コースは11.825km、半周コースは7.242km、多摩湖全周コースには1kmごとに地点が記されている。
コースマップ(JogNote)
多摩湖コース多摩湖コース
多摩湖コース多摩湖コース
多摩湖コース多摩湖コース
多摩湖コース多摩湖コース

いつもは湿度による発汗だが、今日はマジ走りによる汗。今日はヘンプのシャツだったから少し重くなっていた。
汗でぐっちょり

いつも堰堤(堤体)で必ず休憩している。夜はここから見える西武ドームがとても美しい!
堰堤堰堤
堰堤

タイム


自宅(13:05)~【セブンで買い物】~八国山緑地出口(13:50)~多摩湖コース入口(13:58)~半周コース分岐(14:15)~【抜かれてペース上げる】~多摩湖堰堤入口(15:02)~【疲れたから走らずに歩きで自宅へ】

その他の写真


20180902
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  テント・シュラフブランド  デザイン  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  ウェア  裸足  奥秩父  エレクトロ  トレーニング  サッカー  音楽山行  オぬベ  ランニング  小物  Soulful  Garage  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  北アルプス  音楽ジャンル  google  雨山行  上越・西上州  熱中症  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  フォトムービー  クライミングブランド  東北  裸足感覚  企画  自力山行  駒ヶ岳  Mountainstep  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  アニマル動画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  Electro  ハード  8mara-eyes  修行  Hard  アルプス  飯能市  藪漕ぎ  熊  模索山行  山ショップ  自転車  なぐるっと  雪山装備  ヤマラ考察  カモシカ山行  ヤマラ仕様  大菩薩連嶺  アニメ  カジュアルハイキング  街散策  多摩川  ミニマルハイキング  東信  三浦丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  良滝  八ヶ岳  便利かもツール  怪我  Techno  テントシュラフ  コースタイム計算  トレランシューズ  デジタルカメラ  山小屋白書  凍傷  お喋り山行  街中トレイル  クライミング  メッツァ  ヤマノススメ  プラティパス  登山地図  Experimental  Downtempo  山めし  熊鈴  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  たまリバー  WiMAX  裸  Footwork  地形  Ambient  時計・計器  Firefox  上越  中央アルプス  山行計画  沢登り  白山連峰  アウトドアブランド  コーラ  メリノウール  メリー歩荷トレ  レース  カルピス  山と犬  高尾山  趣味カテゴリ  日本の詩  ソロキャンプ  けろっぴ  都市計画  まちづくり  はぐれ低山  二百名山  リベンジ  表示テスト  アウトドアビジネス  フードウェア  イヤホン  百名山  散策  ゲーム  スマートフォン  ヒップホップ  堕天使  超低山  Youtube  MFM  アートワーク  海外の山  パンダ  エネルギー切れ  未踏峰  アート  奥武蔵ラビリンス  山道具探しの旅  はい!きん、ぐぅ~  茸  登山届  クライミングギア  Backpacker誌  絶体絶命  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  ガチャピン  山小屋サミット  ダウンテンポ  登れない山  恥ずかしい失態  登山用品店  スタイル  キツネ村 

月別アーカイブ

上に戻る