猛暑再び・・・(丹沢)

ようやく涼しくなり夏山を楽しめると思っていたらまた奴がやって来た・・・誰にも好かれない猛暑、お前の需要は1ミリもねぇから!
猛暑再び・・・(丹沢)
先週末は快適だったが、翌週からまた湿度が上がってきた。山行前夜は星が見えず、朝の空は霞んでいた。
「今日は猛暑日の予感、山行は中止にするべきか?」
でも、季節はお盆過ぎの月末、そこまで気温は上がらないと高をくくり山に行くことにした。

気温はどんどん上がり、天気は真夏日となった。言うまでもなく、私は熱中症にかかりグタグタの山行となった。。

予期せぬ猛暑、太陽の攻撃は私だけでなく全ての人に襲いかかった。登山道は阿鼻叫喚の有様、皆な下を向き暑さに耐え、明るい会話は聞こえてこない。
ところが、子供だけは陽気に歩いていた。笑顔と軽やかな足取り、息が乱れる急登でも喋り続ける異様な光景を何度か目にした。猛暑日に辛いのは体温調節機能が低下が原因だが、子供は調節能力が高いのだろうか?それとも今回見た子供が特殊だったのか?

9月中旬までは残暑が続くそうだが、とりあえず湿度だけは低くなって欲しいところだ。

ルート


山域は丹沢、丹沢山から宮ヶ瀬湖に下る計画だったが、熱中症にかかり塔ノ岳から大倉に下山した。

大きいサイズで見る

距離:21.263km
累積標高(登り):1874m
累積標高(下り):1754m
※ルートはカシミール3Dで作成

山行記録


栗ノ木洞に登った事が無かったので今回はこの尾根を歩いてみた。
渋沢駅から登山道のある尾根の末端に移動、日差しが強くこの移動でも体力を相当消耗した。
渋沢駅
渋沢駅~土佐原林道入口渋沢駅~土佐原林道入口
渋沢駅~土佐原林道入口
渋沢駅~土佐原林道入口渋沢駅~土佐原林道入口
車道から浅間山ゴルフ場
土佐原林道入口

土佐原林道は現在誰も利用していないようで道が荒れていた。
浅間山への登山道は藪が酷く、林道を歩くもここは蜘蛛の巣地獄と化していた。蜘蛛の巣の除去に時間がかかるのと、立派な蜘蛛の住処を壊すのは申し訳ない気持ちもあり、この道を進むことは断念した。
土佐原林道土佐原林道
登山道蜘蛛の巣

車道に戻り迂回するように進んでいく、水場を越えて南に進んでいくと登山口を見つけた(地理院地図にはこの登山道は記されていない)。
水場
水場~寄登山口寄登山口入口
入口~登山口寄登山口

登山口から少し登っていくと先程歩いた土佐原林道に合流した。
登山口~林道合流点
土佐原林道合流点林道合流点手前の展望

土佐原林道に合流し、次の林道合流点で『リアル山ガール』に出会った。
奥武蔵や奥多摩と丹沢の大きな違い、それは丹沢がリアル山ガールの出没地という事だ。目の保養という景観美、オッサンが丹沢を歩く理由はこの部分が大きいのではないだろうか。
コースの話などして暫く談笑、このまま3人の女性と一緒に歩くのも悪くなかったが、計画を優先して先に行くことにした(後ほど熱中症になったからこの判断は間違いだった)。

林道から櫟山までは急登が続いた、久々の負荷のかかる登りに初めは楽しさを感じたが、高湿度から不快感が増し徐々に辛さが増してきた。
林道合流点~櫟山
林道合流点~櫟山林道合流点~櫟山
林道合流点~櫟山林道合流点~櫟山
櫟山櫟山

櫟山から少しの間は裸足で歩いてみたが、細かい砂利が混ざった湿った土だったので全然気持ちよくなかった。。大倉尾根の道はガレているし丹沢は裸足向きのコースではなさそうだ。
気持ちよくない

櫟山からは緩やかな地形となり、栗ノ木洞を過ぎ、後沢乗越からはまた急登となった。
栗ノ木洞までは人に殆ど出会わなかったが、後沢乗越からは登っていく人が多かった。私は人が居るとついつい頑張ってしまう癖(虚栄心)があり、ハイペースになってしまい無駄な体力を消耗してしまった(´・_・`)
櫟山~栗ノ木洞櫟山~栗ノ木洞
栗ノ木洞栗ノ木洞
栗ノ木洞~鍋割山栗ノ木洞~鍋割山
栗ノ木洞~鍋割山栗ノ木洞~鍋割山
栗ノ木洞~鍋割山鍋割山

美しい富士山の眺めは疲れを癒やしてくれた。急登を登ったご褒美として『展望と鍋焼きうどん』が待っている、鍋割山の人気の理由が少しわかった気がする。それにしてもこの糞暑いのに鍋焼きうどんを食べている人には驚いた。
富士山

暫く山頂で休憩をして塔ノ岳へ、先のハイペースによる疲労と日射から走れなくなり、熱中症の症状が現れてきた。。
フラフラになりながら塔ノ岳に到着。山頂は風が無く蒸し暑い、小屋で購入したジュースが温いのが悲しかった。。
鍋割山~塔ノ岳鍋割山~塔ノ岳
鍋割山~塔ノ岳分岐
塔ノ岳

塔ノ岳からは大倉に下山。症状が悪化しダラダラしたペースで退屈してたところ、走り疲れたトレイルランナーさんに出会い、談笑しながら下った。辛い時は話し相手がいると本当にありがたい(感謝)。
塔ノ岳~大倉塔ノ岳~大倉
塔ノ岳~大倉塔ノ岳~大倉

暑さの所為なのか、人が多かった所為なのか、それとも登山的なコースが原因なのか、今回の丹沢はあまり良さを感じなかった。
自分好みの景観や地形、私は1000m未満の山や丘陵が好きなのかもしれない。丹沢はまたリアル山ガールが恋しくなったら歩くことにしよう(˶˙◡˙˶)

ルート評価


区間ルート評価


【寄~鍋割山】

景観  :★★★☆☆
ルート :★★☆☆☆


※土佐原林道入口から浅間山への道は非常に荒れています

終始急登なので道中は景観を楽しむ余裕がありませんが、山頂は展望が良く、頑張った分の見返りは十分得られます。登山が好きな人には良いコースかもしれません。

タイム


渋沢駅(8:07)~土佐原林道入口(8:55)~【藪道で諦める】~寄登山口入口(9:31)~林道合流点(9:52)~櫟山(10:22)~栗ノ木洞(10:44)~鍋割山(11:42-12:05)~【熱中症でバテる】~分岐(12:44)~塔ノ岳(12:58)~【話し相手を見つけてお喋り下山】~大倉登山口(15:28)

その他の写真


20180826

冷凍飲料の飲み方について


今回の飲料は冷凍ペットボトル500mlと麦茶350mlとしたが足りなくなってしまい、尊仏山荘でオレンジジュース250mlを購入した。
不足となった理由は補給配分のミス、冷凍飲料を中盤(鍋割山)で飲み切ってしまった事が原因だ。

私は携行した飲料を最後まで保つように配分して飲むようにしているが、今回はそれを無視して過剰摂取してしまった。勿論暑さも関係しているが、それよりも『美味しい状態で飲む』ことを優先した。
冷凍飲料は冷たい状態で飲みたいから冷凍する、なので解けて温くなってしまっては意味がない。気温が高ければそれだけ融けやすく、美味しい状態で飲んでしまうと早く無くなってしまう。

今回も保冷ケースは使っていたが解けるのが早かった、でも保冷ケースの性能を上げると今度は飲みたい時に飲めなくなる。
『美味しく、且つ計画的に』冷凍飲料の活用法はスキルが必要と実感した。

因みに冷凍飲料はシャリシャリしたアイス状が一番美味い、但しこの状態で飲むとあっという間に無くなってしまう。
冷凍飲料

【冷凍ペットボトルの疑問】
水系やジュース系は漏れないのに、冷凍アクエリアスは開封したときに溢れ出るのはなぜ?
 この記事をシェアしてくんろ
同カテゴリ記事 (直近10件)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  幕営山行  道迷い  自転車山行  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  Chillout  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  テント・シュラフブランド  デザイン  フットウェア  小物ブランド  山と音楽  ウェア  裸足  奥秩父  エレクトロ  トレーニング  サッカー  音楽山行  オぬベ  ランニング  小物  Soulful  Garage  ザック  山動画  富士山周辺・箱根・伊豆  尾瀬・日光・北関東  飯能アルプス  北アルプス  音楽ジャンル  google  雨山行  上越・西上州  熱中症  南アルプス  ブログ  ディープハイキング  フォトムービー  クライミングブランド  東北  裸足感覚  企画  自力山行  駒ヶ岳  Mountainstep  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  アニマル動画  時計・計器ブランド  山岳書籍・映画  Electro  ハード  8mara-eyes  修行  Hard  アルプス  飯能市  藪漕ぎ  熊  模索山行  山ショップ  自転車  なぐるっと  雪山装備  ヤマラ考察  カモシカ山行  ヤマラ仕様  大菩薩連嶺  アニメ  カジュアルハイキング  街散策  多摩川  ミニマルハイキング  東信  三浦丘陵  ストーブ・クッカー・ボトル  良滝  八ヶ岳  便利かもツール  怪我  Techno  テントシュラフ  コースタイム計算  トレランシューズ  デジタルカメラ  山小屋白書  凍傷  お喋り山行  街中トレイル  クライミング  メッツァ  ヤマノススメ  プラティパス  登山地図  Experimental  Downtempo  山めし  熊鈴  北関東  iTunes  ビブラムファイブフィンガーズ  たまリバー  WiMAX  裸  Footwork  地形  Ambient  時計・計器  Firefox  上越  中央アルプス  山行計画  沢登り  白山連峰  アウトドアブランド  コーラ  メリノウール  メリー歩荷トレ  レース  カルピス  山と犬  高尾山  趣味カテゴリ  日本の詩  ソロキャンプ  けろっぴ  都市計画  まちづくり  はぐれ低山  二百名山  リベンジ  表示テスト  アウトドアビジネス  フードウェア  イヤホン  百名山  散策  ゲーム  スマートフォン  ヒップホップ  堕天使  超低山  Youtube  MFM  アートワーク  海外の山  パンダ  エネルギー切れ  未踏峰  アート  奥武蔵ラビリンス  山道具探しの旅  はい!きん、ぐぅ~  茸  登山届  クライミングギア  Backpacker誌  絶体絶命  亀ウォーキング  奥多摩三大急尾根  ガチャピン  山小屋サミット  ダウンテンポ  登れない山  恥ずかしい失態  登山用品店  スタイル  キツネ村 

月別アーカイブ

上に戻る