奥武蔵 新緑のなぐるっと(左) by 車

『なぐるっと』とは名栗ぐるっとコースの略称です。このコースは一般的には『名栗U字連山』と呼ばれていますが、私は『なぐるっと』の方が良いと思います。ということで皆さんも『なぐるっと』でお願いします<(_ _)>
奥武蔵 新緑のなぐるっと(左) by 車

奥武蔵 名栗ぐるっとコース左(踏破率25%w) by 自転車

今週はスピードハイクじゃなくてトレランにトライ。先日のトレランレースでゲットしたタイムを参考に、真面目に走るとどの位の差があるのか確認してみた。結果は表題の通り棒ノ嶺で終わってしまつた。。
奥武蔵 名栗ぐるっとコース左(踏破率25%w)  by 自転車

名栗U字トレイル VS 成木の森トレイル

腰痛で動けないので今日はトレランレースに参加を見学してきました!トレイルランニングレースとは新鮮で興味深いものだった。偶々2つのレースが開催されていたので素人目線で比較してみた。
名栗U字トレイル VS 成木の森トレイル

奥武蔵 名栗ぐるっとコース(右ルート) by 自転車

先週は引きこもっていたので2週ぶりの山。近隣で行きたい山が無かったので今回は名栗湖一周コースの右とした。
奥武蔵 名栗ぐるっとコース(右ルート) by 自転車

奥武蔵 名栗ぐるっとコース(左ルート) by 車

今週は山。どこに行こうか考えたが特に行きたい山は無かった、雪山や新規の山に行くモチベも無く高尾エリアは飽きたので定番の棒ノ嶺に行ってきた。
名栗湖一周左ルート

現在の探求課題

◆『裸足歩きUP』 低山を走れるようになりたい
◆『音楽鑑賞UP』 もっと気持ち良く音楽を聴けるようになりたい(山で)

タグクラウド

 ルート評価  ドラムンベース  DnB  奥武蔵  奥多摩  ダブステップ  Dubstep  チルアウト  奥高尾  雪山山行  自転車山行  幕営山行  道迷い  りっすんべーす  ディープ  丘歩き  棒ノ嶺  ザックブランド  Deep  フットウェアブランド  ウェアブランド  丹沢  Chillout  テント・シュラフブランド  デザイン  小物ブランド  フットウェア  山と音楽  ウェア  裸足  エレクトロ  奥秩父  サッカー  音楽山行  オぬベ  トレーニング  ランニング  小物  ザック  Soulful  Garage  山動画  尾瀬・日光・北関東  富士山周辺・箱根・伊豆  北アルプス  雨山行  google  飯能アルプス  音楽ジャンル  熱中症  南アルプス  上越・西上州  ブログ  クライミングブランド  フォトムービー  裸足感覚  東北  ディープハイキング  駒ヶ岳  企画  自力山行  Mountainstep  アニマル動画  山岳書籍・映画  時計・計器ブランド  ストーブ・クッカー・ボトルブランド  ハード  Electro  8mara-eyes  藪漕ぎ  山ショップ  飯能市  Hard  修行  模索山行  熊  ヤマラ仕様  自転車  ヤマラ考察  雪山装備  なぐるっと  大菩薩連嶺  街散策  アニメ  カジュアルハイキング  八ヶ岳  ストーブ・クッカー・ボトル  ミニマルハイキング  多摩川  便利かもツール  東信  良滝  三浦丘陵  怪我  カモシカ山行  山小屋白書  トレランシューズ  クライミング  デジタルカメラ  Techno  Downtempo  街中トレイル  テントシュラフ  メッツァ  コースタイム計算  Experimental  ヤマノススメ  お喋り山行  凍傷  登山地図  プラティパス  中央アルプス  地形  時計・計器  WiMAX  iTunes  熊鈴  上越  メリー歩荷トレ  たまリバー  山行計画  ビブラムファイブフィンガーズ  Firefox  コーラ  白山連峰  レース  山めし  アウトドアブランド  Ambient  裸  メリノウール  Footwork  沢登り  都市計画  まちづくり  ヒップホップ  奥多摩三大急尾根  恥ずかしい失態  表示テスト  亀ウォーキング  キツネ村  超低山  Youtube  カルピス  趣味カテゴリ  リベンジ  ゲーム  高尾山  イヤホン  スマートフォン  散策  ダウンテンポ  Backpacker誌  アウトドアビジネス  はい!きん、ぐぅ~  百名山  フードウェア  ソロキャンプ  はぐれ低山  海外の山  ガチャピン  未踏峰  スタイル  奥武蔵ラビリンス  登山届  アート  絶体絶命  堕天使  クライミングギア  山小屋サミット  MFM  エネルギー切れ  登山用品店  登れない山  パンダ  アートワーク  二百名山  山道具探しの旅  茸  けろっぴ  山と犬  日本の詩 

月別アーカイブ

上に戻る